• 印刷する

新車登録台数、1.2%増加 AFVが過去最高水準に=7月

自動車製造取引業者協会(SMMT)は6日、7月の英国の新車登録台数が16万3,898台となり、前年同月比1.2%増加したと発表した。ディーゼル車は引き続き2桁減となったものの、代替燃料車(AFV)が順調で、AFVの市場シェアは過去最高の水準に達した。

7月は個人向けが0.1%増加。フリート向けは2.6%伸びている。一方、法人向けは10.2%縮小した。燃料別ではガソリン車が20.1%増えた半面、ディーゼル車は24.4%減っている。電気自動車(EV)などAFVは21%拡大し、市場シェアは6.5%に上昇した。

新車登録台数をメーカー別に見ると、英国車は仏グループPSA(旧プジョー・シトロエン・グループ)傘下のボクソールが2.2%増加。インドのタタ・モーターズが展開するランドローバーは27%減った一方、姉妹ブランドのジャガーは1.6%伸びた。

ドイツ勢はフォルクスワーゲン(VW)が18.9%増加。高級車はBMWが9.9%伸び、VW傘下のアウディも4.4%増えた。一方、メルセデス・ベンツは1.9%縮小した。フランス車はプジョーが14.4%拡大し、姉妹ブランドのシトロエンも7%増えた。半面、ルノーは11%落ち込んだ。販売台数が最も多い米フォードは5.4%減少している。

日系メーカーは、トヨタ自動車(レクサス除く)が3.5%増加。スズキは大きく61.9%伸び、三菱自動車とマツダもそれぞれ46.2%、1.8%拡大した。一方、日産自動車は35.5%減り、スバルは26.3%縮小している。韓国勢は現代自動車が3.6%のマイナスとなった半面、傘下の起亜自動車は3%伸びている。

1~7月の累計登録台数は全体で147万7,892台と、1年前を5.5%下回っている。

SMMTのマイク・ホーズ最高経営責任者(CEO)は7月について、好天に恵まれたことや新モデルの販促などが奏功したと分析。また、英政府が7月に公表した道路輸送による大気汚染を軽減する戦略「ロード・トゥー・ゼロ(Road to Zero)」において、新たなディーゼル技術が重要な役割を担うとの認識を示したことから、向こう数カ月でより多くの消費者が、最新で安全な二酸化炭素(CO2)低排出技術の恩恵を受けることができると述べている。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国ドイツフランスアジア米国
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

インフレ率、9月は2.4%に減速(10/18)

独経済団体、今年の輸出見通しを下方修正(10/18)

EU首脳会議が開幕 離脱交渉の進展が焦点(10/18)

リースプラン、アムステルダムでの上場中止(10/18)

PGNiG、米産LNG輸入契約で最終合意(10/18)

欧州新車登録、9月は23.5%減少(10/18)

R・ロイス、自律航行船でインテルと提携(10/18)

米国、EU・英・日と個別貿易交渉の開始へ(10/18)

道路料金徴収システムにシェル子会社が出資(10/18)

ネット衣料販売エイソス、通期は28%増益(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン