• 印刷する

イベリア半島で40度超え猛暑 山火事発生やスペインで死者

欧州に熱波が押し寄せる中、ポルトガルやスペインでは週末にかけて40度を大きく超える猛烈な暑さを記録した。とりわけポルトガルでは、一部地域で最高気温が46度台に達し、山火事も発生。スペインでは猛暑が原因で死者が出ている。BBC電子版などが伝えた。

ポルトガル海洋気象庁(IPMA)によると、4日には国内16カ所で最高気温が45度超を観測。中でも中部サンタレン(Santarem)では、過去最高に迫る46.8度に達した。首都リスボンでは1943年の観測開始後で最高となる44度を記録。国内に96カ所ある公式観測地点のうち、73カ所で40度を超えた。

猛暑の影響で国内約30カ所で山火事が発生し、消防士ら1,600人以上が消火活動に当たっている。特に被害が大きかった南部アルガルベ(Algarve)地方のモンチケ(Monchique)山一帯では1,000ヘクタール以上が焼失し、9人が火傷などを負った。

一方、スペインでも山火事が発生したほか、南東部ムルシア(Murcia)とバルセロナでは猛暑の影響で3人が死亡。スペイン気象庁(AEMET)によると、ポルトガルとの国境に近い南西部エル・グラナド(El Granado)では最高気温が46.6度に達した。

ポルトガルの過去最高気温は2003年に記録した47.4度。スペインでは昨年に47.3度が観測された。欧州全体で見ると、ギリシャで1977年に観測された48度が最高となっている。[環境ニュース]


関連国・地域: EUスペインポルトガル
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

「英の離脱通告は撤回可能」 欧州司法裁、議会での承認条件に(12/11)

貿易収支、10月は黒字縮小(12/11)

離脱協定巡る下院投票を延期 メイ首相、EU首脳と再協議を示唆(12/11)

ミシェル連立政権、最大勢力が離脱(12/11)

アルメニア総選挙、パシニャン氏の連合圧勝(12/11)

昨年のテロ件数、トルコが欧州で最も減少(12/11)

正規雇用、過去13カ月で2番目に低い伸び(12/11)

【今週の主な予定】12月10~14日(12/10)

スロバキアの財務相、次期中銀総裁に就任へ(12/10)

チェコ貿易収支、10月は黒字縮小(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン