• 印刷する

RBS、10年ぶりに復配へ 金融危機時の政府支援以降で初

英金融大手ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)は3日、10年ぶりとなる復配の計画を明らかにした。金融危機で2008年に政府支援を受けてから初めての配当となる。ただ、住宅ローン担保証券(RMBS)の不適切な販売を巡る問題で、米司法省と既に基本合意している和解内容を最終的に成立させることを条件としている。

RBSは、中間配当として1株当たり2ペンスを支払う方針。同行は5月、RMBSを巡り米司法省に49億ドルの和解金を支払うことで合意しており、向こう数カ月以内に最終合意に達する見通しだ。

英政府のRBSへの出資比率は現在、62.4%まで下がっている。政府は6月、2015年以来となるRBS株の放出を実施し、7.7%を機関投資家に売り渡したが、売却価格は1株当たり271ペンスと公的資金注入時の502ペンスの半分強の水準にとどまり、約21億ポンドの損失を出した。

政府は2023年までに残り株も売却する意向を示しており、復配が実施されれば株式の放出にも弾みがつくとみられている。なお、中間配当が実施されれば、政府は約1億5,000万ポンドを受け取る見通しだ。

■上半期は5.4%減益

RBSは併せて、上半期(1~6月)の純利益が8億8,800万ポンドとなり、前年同期比5.4%減少したと発表した。米司法省との和解に絡む引当金10億4,000万ポンドを計上したことなどが響いた。

業務粗利益は3.1%減の67億200万ポンド。うち収入の柱となる資金運用収支は43億2,600万ポンドと、3.3%減った。業務純益は6.4%減の18億2,600万ポンドだった。

「バーゼル3」全面適用時の普通株等ティア1レシオ(自己資本比率)は期末時点で16.1%と、6カ月前から0.2ポイント改善している。


関連国・地域: 英国米国
関連業種: 金融建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

富士フイルム、工場規模倍増 バイオ医薬品拠点で英最大規模に(12/03)

GSKのコロナ治療薬、変異株にも有効(12/03)

英国製ワクチン、血栓症の原因解明=論文(12/03)

英米間の鉄鋼関税交渉、北ア問題巡り膠着か(12/03)

ヒースロー、赤リスト国向けターミナル開設(12/03)

スコットランド独立支持派、55%に拡大(12/03)

英首相、昨冬の官邸パーティーに出席か(12/03)

英当局、米メタにジフィー売却を指示(12/02)

エルステッド、アマゾンに再生エネ追加供給(12/02)

モリソン、養鶏飼料の大豆を昆虫に切り替え(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン