• 印刷する

RBS、10年ぶりに復配へ 金融危機時の政府支援以降で初

英金融大手ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)は3日、10年ぶりとなる復配の計画を明らかにした。金融危機で2008年に政府支援を受けてから初めての配当となる。ただ、住宅ローン担保証券(RMBS)の不適切な販売を巡る問題で、米司法省と既に基本合意している和解内容を最終的に成立させることを条件としている。

RBSは、中間配当として1株当たり2ペンスを支払う方針。同行は5月、RMBSを巡り米司法省に49億ドルの和解金を支払うことで合意しており、向こう数カ月以内に最終合意に達する見通しだ。

英政府のRBSへの出資比率は現在、62.4%まで下がっている。政府は6月、2015年以来となるRBS株の放出を実施し、7.7%を機関投資家に売り渡したが、売却価格は1株当たり271ペンスと公的資金注入時の502ペンスの半分強の水準にとどまり、約21億ポンドの損失を出した。

政府は2023年までに残り株も売却する意向を示しており、復配が実施されれば株式の放出にも弾みがつくとみられている。なお、中間配当が実施されれば、政府は約1億5,000万ポンドを受け取る見通しだ。

■上半期は5.4%減益

RBSは併せて、上半期(1~6月)の純利益が8億8,800万ポンドとなり、前年同期比5.4%減少したと発表した。米司法省との和解に絡む引当金10億4,000万ポンドを計上したことなどが響いた。

業務粗利益は3.1%減の67億200万ポンド。うち収入の柱となる資金運用収支は43億2,600万ポンドと、3.3%減った。業務純益は6.4%減の18億2,600万ポンドだった。

「バーゼル3」全面適用時の普通株等ティア1レシオ(自己資本比率)は期末時点で16.1%と、6カ月前から0.2ポイント改善している。


関連国・地域: 英国米国
関連業種: 金融建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【欧州企業よもやま話】第265回・ペルカッシ サッカー選手から敏腕経営者に(10/17)

失業率、過去43年で最低水準 賃金は2009年以降で最高の伸び(10/17)

ユーロ圏貿易収支、8月は黒字縮小(10/17)

イベルドローラ、ドラックスに英国資産売却(10/17)

非現金決済、最も多いのはスウェーデン(10/17)

ロベルト・カヴァリ、少数株の引受先探しに(10/17)

ディズニー、フォックス買収で追加情報提出(10/17)

BAT、たばこ代替品の売上高目標引き下げ(10/17)

欧州各行、サウジの会議に相次ぎ欠席表明(10/17)

スーパー売上高、直近12週間は3.2%増加(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン