• 印刷する

英中銀、0.75%に利上げ インフレ上昇に歯止め=全会一致

英中銀イングランド銀行は1日に開いた金融政策委員会(MPC)で、政策金利を0.5%から0.75%に引き上げることを決めた。昨年11月以来の利上げで、中銀の目標である2%を上回って推移するインフレ率の上昇に歯止めをかける狙い。金融資産購入による量的緩和策については、4,350億ポンドで維持した。いずれも大方の予想通り。

議事録によると利上げは委員9人の全会一致で決定した。前回6月は3人の委員が0.25ポイントの引き上げを主張していた。

中銀は、過去2回のMPCで利上げを見送っていた。第1四半期(1~3月)の国内総生産(GDP)が前期比0.2%増にとどまったためだが、中銀はこれが一次的な減速であり、第2四半期には0.4%増となり今年後半はこのペースが持続すると予想。労働需給が引き続きひっ迫し、労働コストの上昇もみられるため、インフレの抑制が必要と判断した。

ただし中銀は、経済の見通しは英国の欧州連合(EU)離脱プロセスに対する一般世帯や企業、金融市場の反応に大きく影響される可能性があると指摘。また米中の貿易戦争もあり、世界経済の見通しはやや暗いとしている。

■今年の成長見通しを据え置き

中銀は併せて公表したインフレ報告書で、今年のGDPが1.4%拡大するとの従来見通しを据え置いた。2019年の成長見通しは1.8%と前回から0.1ポイント引き上げた。

インフレ率は中銀が目標とする2%をやや上回って推移するものの、2020年には2%に落ち着くとみている。失業率は現在の4.2%からやや低下し、賃金の上昇率は年内には2.5%となり、来年末までに3.25%に達すると予想している。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

GDP、第1四半期は0.8%増 コロナ流行前も上回る=改定値(07/01)

オーステッドとトタル、風力発電に共同入札(07/01)

英国、鉄鋼製品5品目の関税割当を2年延長(07/01)

英政府、露ノリリスクCEOらに制裁(07/01)

英、ウクライナ軍事支援に追加で10億ポンド(07/01)

テッバ、水素FC搭載の電気トラック生産へ(07/01)

スウェーデン社、英洋上風力の権益取得(07/01)

日立エナジー、英社と洋上風力送電網で協業(07/01)

スコットランド政府、来年の独立投票を提案(06/30)

ブーツの売却計画、米親会社が断念(06/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン