• 印刷する

ルフトハンザ、0.8%減益 燃料価格上昇やスト響く

独ルフトハンザ航空は7月31日、第2四半期(4~6月)の純利益が7億3,400万ユーロとなり、前年同期比0.8%減少したと発表した。燃料価格の上昇や南欧での航空管制官のストライキによる影響が響いた。

売上高は0.4%減の92億9,800万ユーロ。うち旅客収入は73億7,100万ユーロと1年前を1.5%下回った。運航会社別に見ると、主力のルフトハンザ旅客部門が4.7%減の41億5,400万ユーロ。オーストリア航空は6%落ち込んだ半面、スイスインターナショナルは2.6%増加した。これら3社を合わせた「ネットワークエアラインズ」部門は3.7%の減収だった。一方、格安航空ユーロウイングスや買収したブリュッセル航空を含む「ユーロウイングス・グループ(旧:2地点間輸送部門)」は、1年前から4.9%伸びている。

グループの乗客数は10.8%増の3万8,332人となり、過去最高の水準を記録。乗客輸送実績は有償旅客キロ(RPK)換算で7.9%増えた。搭乗率は81.4%と、1年前から0.1ポイント上昇している。

EBIT(利払い・税引き前利益、特別損益除く)は9億8,200万ユーロと、3.4%縮小。これをベースとする利益率は10.6%と0.4ポイント悪化している。

同社は今年について、燃料コストが前年から8億5,000万ユーロほど上昇すると予想。これが本業の業績改善を相殺し、特別損益を除くEBITは前年をわずかに下回るとみる。また、1座席当たり収入が恒常為替レートベースで前年をやや上回る一方、燃料費を除く1座席当たりコストは約1%縮小するとの見通しを維持した。[M&A][労務]


関連国・地域: ドイツベルギーオーストリアスイス欧州
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

独ダイムラー、ポーランドでEV電池生産へ(12/19)

伊スパークリングワイン輸出高が過去最高に(12/19)

フランス、デジタル課税を来年1月に導入(12/19)

Ifo企業景況感、12月は悪化(12/19)

連邦政府の財政黒字、100億ユーロ超えへ(12/19)

ユーロ圏、共通予算の創設で合意(12/19)

ドイツ銀、離脱に備え清算業務の移管テスト(12/19)

商船三井、ウニパーとLNG基地で覚書(12/19)

トタル、越中南部でガス火力発電所を計画(12/19)

シーメンス、中国・南京にR&Dと生産拠点(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン