EDF、フラマンビル新原発の稼働を再延期

フランス電力公社(EDF)は25日、北西部フラマンビル(Flamanville)で建設中の次世代原子力発電所の運転開始を再び延期すると発表した。原子炉に核燃料を装着するのは2019年第4四半期(10~12月)になるとしている。併せて、予想建設コストも従来の105億ユーロから109億ユーロ…

関連国・地域: 英国フランスフィンランド
関連業種: その他製造建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

海運マースク、掘削部門を分社化へ(08/20)

バルセロナなどの連続テロから1年(08/20)

エールフランスKLM、新CEOにスミス氏(08/20)

ラガルデール、空港飲食店の米HBFを買収(08/20)

握手拒否で面接落ちのムスリム女性が勝訴(08/20)

再生エネ投資クエルカス、イランから撤退へ(08/20)

政府、橋崩落でリグーリア州に非常事態宣言(08/17)

エールフランス、労組がCEOの人選に反対(08/17)

ドイツ鉄道、米制裁受けイラン事業から撤退(08/17)

フィンテックの新興企業、1億ドルを調達(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン