EDF、フラマンビル新原発の稼働を再延期

フランス電力公社(EDF)は25日、北西部フラマンビル(Flamanville)で建設中の次世代原子力発電所の運転開始を再び延期すると発表した。原子炉に核燃料を装着するのは2019年第4四半期(10~12月)になるとしている。併せて、予想建設コストも従来の105億ユーロから109億ユーロ…

関連国・地域: 英国フランスフィンランド
関連業種: その他製造建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

カルヴェン、中国のアイシクルが買収(10/16)

ミレニアムBCP、貯蓄信用組合を買収へ(10/16)

仏ルノー、インド設計EVをまず中国に投入(10/16)

ミシュラン、タイで大型バイク向け販売強化(10/16)

バイヤスドルフ、新CEOにドロエケル氏(10/16)

仏南部で洪水、少なくとも13人死亡(10/16)

ルノー・日産・三菱、米企業の筆頭投資家に(10/15)

政府、PHVの補助金撤廃へ ゼロ排出車の振興に軸足移行(10/15)

オレンジ、海底ケーブルで米グーグルと提携(10/15)

政府、アリタリア航空の株式約15%を取得も(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン