• 印刷する

日産「リーフ」が欧州首位 上半期のEV販売台数

日産自動車は20日、新型「リーフ」の欧州販売台数が上半期(1~6月)に1万8,000台を超え、電気自動車(EV)の販売台数で首位を獲得したと発表した。

新型「リーフ」は、40キロワット時のバッテリーを搭載し、航続距離は欧州連合(EU)の新基準「乗用車などの国際調和排出ガス・燃費試験法(WLTP)」ベースで270キロメートルとなる。

同モデルは、アクセルペダルの踏み加減を調整するだけで発進、加速、減速、停止までをコントロールできる「eペダル」や、運転者が設定した車速を上限に先行車と車速に応じた車間距離を保ちながら、車線中央付近を走行するための運転操作を支援する「プロパイロット」などの技術を搭載。欧州では「リーフ」購入者の72%が、オプション設定された「プロパイロット」を選択している。

新型「リーフ」は、昨年10月に欧州で発売。今年6月末までに累計3万7,000台が販売されている。「リーフ」は2010年の初代モデル発売以来、累計世界販売が34万台以上に達し、世界で最も販売台数の多いEVとなっている。うち欧州ではこれまでに10万台以上を販売した。[日本企業の動向][環境ニュース]


関連国・地域: EUアジア欧州
関連業種: 自動車・二輪車電機小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録、3.9%減少 主要5カ国が軒並み不振=3月(04/18)

インフレ率、3月は横ばいの1.9%(04/18)

自動車産業の「命取り」になりうるCO2規制 <連載コラム・自動車産業インサイト>第33回(04/18)

マスターカード、手数料巡り賠償金支払いも(04/18)

【ウイークリー統計】第35回 牛乳の使い道とアイスクリーム(04/18)

ドイツの対露投資、過去10年で最高に(04/18)

ドイツ機械受注高、2月は10%減少(04/18)

ダンスケ銀、各国当局の監督不行き届きなし(04/18)

ユーロ圏インフレ率、3月は1.4%=改定値(04/18)

ユーロ圏貿易収支、2月は黒字拡大(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン