• 印刷する

ユニリーバ、2.4%減益 ストの影響で中南米落ち込む

英蘭資本の食品・家庭用品大手ユニリーバは19日、上半期(1~6月)の純利益が32億3,700万ユーロとなり、前年同期比2.4%減少したと発表した。ブラジルでのトラック運転手による11日間のストライキが響いたほか、為替差損が逆風となった。

売上高は263億5,200万ユーロと、継続事業・恒常為替レートベースで2.5%増えた。これを地域別に見ると、新興市場を含むその他の地域は6.1%拡大。欧州は0.2%のプラスを確保した。一方、米大陸は0.8%減少し、うち中南米は2.6%落ち込んだ。

事業別では、ホームケア部門とビューティー・パーソナルケア部門がそれぞれ3.5%、2.7%の増収。フード・リフレッシュメント部門は1.8%伸びた。

グループの営業利益(事業買収・売却や関連コスト、特別損益除く)は49億1,200万ユーロと0.3%減少。これをベースとする利益率は18.6%と、0.8ポイント改善した。

ポール・ポルマン最高経営責任者(CEO)は「当社の最大市場の1つであるブラジルでのストにもかかわらず、3事業部門で軒並み増収を実現した。これは強力なイノベーションと将来性のある市場での継続的な拡大に支えられたもの」と説明。通期については、売上高が継続事業・恒常為替レートベースで3~5%伸びると予想。営業利益率も改善するとの見方を示した。

なお、ユニリーバは併せて、7月2日付でスプレッド事業の売却を完了したことを明らかにしている。[労務]


関連国・地域: 英国オランダアジア米国アフリカ中東中南米カナダ欧州
関連業種: 食品・飲料化学その他製造金融運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

マドリード、旧式車両を一時的に通行禁止に(12/14)

アイルランド、第2党が政権協力延長を約束(12/14)

Ifo、向こう3年の成長見通し引き下げ(12/14)

スーパー売上高、直近12週間は2%増加(12/14)

英国に「確証」提示なるか 離脱協定で協議=EUサミット(12/14)

G4S、現金ソリューション事業の分離検討(12/14)

独高級車3社、11月もアウディの不調続く(12/14)

レボリュート、リトアニアで銀行免許を取得(12/14)

CoCo壱番屋、英国1号店がオープン(12/14)

旅行TUI、通期は4.1%増益(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン