• 印刷する

グーグルに史上最高額の罰金 欧州委、競争法違反で

欧州委員会は18日、米インターネット検索エンジン大手グーグルが欧州連合(EU)の競争法に違反したとして、史上最高の43億4,000万ユーロの罰金を科した。同社が携帯端末向けOS(基本ソフト)「アンドロイド」の市場での支配的地位を乱用し、自社の検索アプリ「グーグル・サーチ」やインターネットブラウザ「グーグル・クローム」を不当に優遇したとしている。

欧州委はこの問題について、2015年4月に調査を開始。2016年4月には、競争法違反の疑いで異議告知書を送付していた。同委の調査結果によると、グーグルは携帯端末メーカーに、自社のアプリストアのライセンス供与の条件として、「グーグル・サーチ」および「グーグル・クローム」の事前インストールを要求。また、大手のメーカーや通信事業者に対し、「グーグル・サーチ」の独占的な事前インストールと引き換えに支払いを行ったほか、同社アプリの事前インストールを希望するメーカーが、OS「アンドロイド」だけを搭載しグーグルのアプリを事前インストールしていないグーグル非認証機種(いわゆる「アンドロイドフォーク」)を同時に販売することを禁止していた。

「アンドロイド」は世界のスマートフォンの80%以上に搭載されている。欧州委は、グーグルが90日以内にこうした行動を是正しなければ、追加で親会社アルファベットに1日当たりの平均世界売上高の最大5%の罰金を科すとしている。

これに対し、グーグルのサンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)は、「アンドロイドを支えるビジネスモデルは、消費者の選択肢を減らすのではなく増やしてきたが、今日の決定はこれを否定するものだ」と反論している。

欧州委は昨年6月、グーグルが検索エンジン市場での支配的立場を利用し、自社の商品検索サービス「グーグル・ショッピング」を不当に優遇する検索結果を表示したとして、当時として史上最高の24億2,000万ユーロの罰金を科していた。グーグルはこれを不服とし、欧州一般裁判所に提訴しており、裁定が下されるまでには数年かかる見込み。

同委はこのほか、ウェブサイトの運営者に検索連動型の広告スペースを提供するグーグルの「アドセンス(AdSense)」サービスについても、競争法違反の疑いで調査を進めている。[EU規制]


関連国・地域: EU米国
関連業種: IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

「英の離脱通告は撤回可能」 欧州司法裁、議会での承認条件に(12/11)

貿易収支、10月は黒字縮小(12/11)

離脱協定巡る下院投票を延期 メイ首相、EU首脳と再協議を示唆(12/11)

ミシェル連立政権、最大勢力が離脱(12/11)

アルメニア総選挙、パシニャン氏の連合圧勝(12/11)

昨年のテロ件数、トルコが欧州で最も減少(12/11)

正規雇用、過去13カ月で2番目に低い伸び(12/11)

【今週の主な予定】12月10~14日(12/10)

スロバキアの財務相、次期中銀総裁に就任へ(12/10)

チェコ貿易収支、10月は黒字縮小(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン