• 印刷する

VW、EVカーシェア展開へ ドイツで来年に開始

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は4日、2019年にドイツで電気自動車(EV)のカーシェアリングサービスを開始すると発表した。この日には仏同業ルノーも、今年9月にパリとその近郊で同様のサービスを開始する計画を明らかにしている。

VWは、「We」ブランドでカーシェアリングサービスを展開する。早ければ2020年にも、欧州、北米、アジアの主要都市にサービスを拡大する。

ドイツでは既に同業ダイムラーと高級車大手BMWが、それぞれ「カーツーゴー(car2go)」と「ドライブナウ(DriveNow)」のブランドでカーシェアリングサービスを展開しており、顧客数は計400万人に上る。両社は3月、これらのサービスを統合する計画を明らかにしている。

■パリで「フリーフロート型」サービス

ルノーはパリおよびその近郊のイルドフランス地域圏で、路上や公共駐車場などで自由にEVを借り受け・返却できる「フリーフロート型」のカーシェアリングサービスと、運転手付きのEVを手配する配車サービスを開始する。2019年末までにEVの小型乗用車「ゾエ(ZOE)」と小型商用車「カングー(Kangoo)Z.E.」、2人乗り超小型EV「トゥイジー(Twizy)」、EV商用車「マスターZ.E.」を計2,000台、展開する予定。

パリでは仏同業グループPSA(旧プジョー・シトロエン・グループ)も、「フリー2ムーブ(Free2Move)」ブランドで同様のサービスを開始すると発表している。同市では2011年から、仏複合企業ボロレ(Bollere)・グループがEVカーシェアリングサービス「オートリブ(Autolib)」を運営していたが、契約終了の2023年までに同サービスの負債が2億9,300万ユーロに膨れ上がる見通しとなり、パリ市が6月に運営契約を打ち切った経緯がある。これを受け、イダルゴ市長はPSA、ルノー、独BMWやダイムラー、その他スタートアップ企業数社を招き、これに替わるカーシェアサービスの可能性について協議していた。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツフランスアジア米国カナダ欧州
関連業種: 自動車・二輪車電機運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

仏ブラブラカー、ポーランドでバス運行へ(07/24)

墺AMS、オスラムに再び買収提案へ(07/24)

EU14カ国、新たな移民受け入れ案で合意(07/24)

バイエル、フットケアブランドを米社に売却(07/24)

ダイムラー、北京汽車集団が株式5%取得(07/24)

ダイムラー、人の監視不要の自動駐車が承認(07/24)

シーメンス、ナイジェリアの発電計画で合意(07/24)

マーレ、自社駐車場に集中型の充電設備導入(07/24)

ボッシュ、需要低迷でインド工場を一時停止(07/24)

独経済、第2四半期は縮小も=連銀月報(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン