• 印刷する

VW、EVカーシェア展開へ ドイツで来年に開始

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は4日、2019年にドイツで電気自動車(EV)のカーシェアリングサービスを開始すると発表した。この日には仏同業ルノーも、今年9月にパリとその近郊で同様のサービスを開始する計画を明らかにしている。

VWは、「We」ブランドでカーシェアリングサービスを展開する。早ければ2020年にも、欧州、北米、アジアの主要都市にサービスを拡大する。

ドイツでは既に同業ダイムラーと高級車大手BMWが、それぞれ「カーツーゴー(car2go)」と「ドライブナウ(DriveNow)」のブランドでカーシェアリングサービスを展開しており、顧客数は計400万人に上る。両社は3月、これらのサービスを統合する計画を明らかにしている。

■パリで「フリーフロート型」サービス

ルノーはパリおよびその近郊のイルドフランス地域圏で、路上や公共駐車場などで自由にEVを借り受け・返却できる「フリーフロート型」のカーシェアリングサービスと、運転手付きのEVを手配する配車サービスを開始する。2019年末までにEVの小型乗用車「ゾエ(ZOE)」と小型商用車「カングー(Kangoo)Z.E.」、2人乗り超小型EV「トゥイジー(Twizy)」、EV商用車「マスターZ.E.」を計2,000台、展開する予定。

パリでは仏同業グループPSA(旧プジョー・シトロエン・グループ)も、「フリー2ムーブ(Free2Move)」ブランドで同様のサービスを開始すると発表している。同市では2011年から、仏複合企業ボロレ(Bollere)・グループがEVカーシェアリングサービス「オートリブ(Autolib)」を運営していたが、契約終了の2023年までに同サービスの負債が2億9,300万ユーロに膨れ上がる見通しとなり、パリ市が6月に運営契約を打ち切った経緯がある。これを受け、イダルゴ市長はPSA、ルノー、独BMWやダイムラー、その他スタートアップ企業数社を招き、これに替わるカーシェアサービスの可能性について協議していた。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツフランスアジア米国カナダ欧州
関連業種: 自動車・二輪車電機運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

インフレ、再加速の可能性 賃金上昇が予想上回る=連銀月報(05/23)

ルノー、独VWとの共同開発断念=小型EV(05/23)

独連銀総裁、EUの中国EV関税に反対(05/23)

右派AfD、有力候補が欧州議会選に不出馬(05/23)

診療予約サイトのドクトリブ、独AI社買収(05/23)

社会保障・利払い費の抑制必要=財務相(05/23)

アディダス、中国社をサプライヤーに認定(05/23)

アウディ、タイでEV修理施設を増強(05/23)

独政府、1.5億ユーロ拠出 商用EV向け充電インフラ拡大へ(05/22)

独英送電線「ノイコネクト」、独側で着工(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン