KSCM、バビシュ新内閣と閣外協力で合意

チェコのボヘミア・モラビア共産党(KSCM)は、バビシュ新内閣に閣外協力することで合意した。KSCMが間接的にも政権に参加するのは1989年以降で初めて。 KSCMのボイチェフ・フィリプ党首は記者会見で「少数政権の成立を自発的に支援する」と述べた。KSCMは、北大…

関連国・地域: チェコ
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

チェコ大統領、近く野党連合と会談(10/15)

チェコの電力・ガス供給大手が事業停止(10/15)

チェコ下院選、与党が敗北 野党は政権交代に向け連立交渉(10/12)

シュコダ、国内3工場で減産か生産停止へ(10/11)

シュコダ、北部拠点を炭素中立化=同社初(10/08)

下院、議員報酬凍結する改正法案を可決(10/07)

チェコ新車登録台数、9月は16.2%減少(10/07)

炭鉱問題、ポーランドとチェコの協議決裂(10/06)

「パンドラ文書」流出で世界首脳の取引暴露(10/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン