• 印刷する

テスコ、共同調達などで提携 カルフールと=価格競争力向上へ

スーパー英最大手のテスコと小売りで世界2位の仏カルフールは2日、共同調達を行う計画を明らかにした。プライベートブランド(PB)商品などを共同で仕入れることにより、サプライヤーへの立場を強化し、価格競争力を高める狙い。

両社は、向こう2カ月内に正式な契約を締結する。共同調達を含む戦略的アライアンスを結ぶ方針で、期間は3年間となる見通し。

テスコはかねて、PB商品および生鮮食品の強化、組織のスリム化、コスト削減を通じた業績立て直しに取り組んでいる。また、4月には英食品卸売最大手ブッカー・グループの買収を完了し、これが業績に貢献している。一方、カルフールは2020年までに年間コストを20億ユーロ削減する目標を掲げ、仏国内市場ではスーパーのシステムUと共同調達に向けた協議を開始している。

欧州の小売業界では、独系格安スーパーのアルディやリドルがシェアを急速に伸ばし、価格競争が激化している。こうした中、コスト削減に向けたM&A(買収・合併)や共同調達の動きが加速。英国では4月、スーパー英2位のセインズベリーが米同業ウォルマート傘下で英3位のアズダを買収することで合意した。取引が実現すれば、市場シェアでテスコを抜き、業界最大手に躍り出る見通しだ。

■仏カジノはオーシャンなどと共同調達

仏小売大手カジノ・グループは、同業の仏オーシャンおよび独メトロ、仏Schieverと国内外で共同調達を行うことで合意したと発表した。

4社は、国内外のブランドや、中小サプライヤー、PB商品の入札、農家など、分野ごとに6種類のアライアンスを組み、これらを通じて新たな調達体制を構築する。ただ、販売戦略は各社がそれぞれ独自に策定するとしている。[M&A]


関連国・地域: 英国ドイツフランス米国
関連業種: 食品・飲料農林・水産小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

ラーブEU離脱相が辞任 メイ首相の不信任投票の動きも(11/16)

政府、AIのR&Dに30億ユーロ投資へ(11/16)

欧州新車登録、10月は7%減 主要5カ国が引き続きマイナス(11/16)

アストンマーティン、10倍弱の増益(11/16)

ロイヤル・メール、上半期は利益半減(11/16)

小売売上高、10月は0.5%減少(11/16)

イネオス、オフロード車の生産拠点近く決定(11/16)

DSスミス、欧州委がユーロパック買収承認(11/16)

ソニー、EMIを完全子会社化(11/16)

英国、賭博規制の導入を来年4月に前倒し(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン