ティッセン、タタと最終合意 欧州鉄鋼事業の統合で

独鉄鋼・エンジニアリング大手ティッセンクルップは6月30日、インドの鉄鋼大手タタ・スチールと欧州鉄鋼事業を統合し、折半出資の合弁会社を設立することで最終合意したと発表した。欧州の鉄鋼業界では、2006年に世界最大手アルセロールミタル(ルクセンブルク)が誕生して以来の大型合併。欧州2位となる規模を生かし、安価な中国製品による世界的な供給過剰などに対応する狙いだ。

新会社の名称は「ティッセンクルップ・タタスチール」で、オランダのアムステルダムに本拠を置く。年商は約170億ユーロに上り、従業員数は4万8,000人。資本支出の管理や事業の最適化によって、シナジー効果は年間4億~5億ユーロに達する見込み。

両社は昨年9月、欧州鉄鋼事業を統合することで覚書(MOU)を締結。9カ月にわたる協議の末、ようやく最終合意にこぎ着けた。取引は欧州委員会などの承認を経て、今年第4四半期(10~12月)または来年第1四半期に完了する見通し。

タタの企業価値は、取引が最初に発表されてから低下しており、当時と現在の溝を埋めるために「適切な補償」がなされる。具体的には、新会社が新規株式公開(IPO)を実施した暁には、ティッセン側は55対45の割合で利益の取り分を多く受け取る。これは50億ユーロ前後に相当する見通し。また、ティッセンはIPOの時期を決定する権利も有する。

両社による交渉を巡っては当初、ティッセンが約2,000人を整理する方針を示したことから、ドイツの金属産業労組IGメタルが強く抵抗。その後、会社側が雇用保障やドイツの工場を閉鎖しないことを約束したため、計画の支持に回った。また、タタの英国での150億ポンドに上る年金債務を巡り交渉が難航していたが、年金基金の切り離し計画の承認を得たことで交渉が進展した。[M&A][労務][EU規制]


関連国・地域: 英国ドイツEUルクセンブルクオランダアジア
関連業種: 鉄鋼・金属製造一般金融・保険雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

スケルトン、タリンから独東部へ工場移転(07/20)

電力フォータム、第2四半期は29%増益(07/20)

ルクソフト、ダイムラー傘下の独同業と提携(07/20)

コンチネンタルが組織再編 パワートレイン部門を上場へ(07/20)

独のテスラ「モデルS」購入者、補助金返還(07/20)

イノジー、エーオンとRWEの資産交換に合意(07/20)

グリーナジー、蘭のバイオ燃料工場を取得(07/20)

BASF、ベルギーの3D印刷技術社に投資(07/20)

企業ソフトSAP、第2四半期は8%増益(07/20)

BMW、インドネシア工場に追加投資へ(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン