• 印刷する

テスコ、2.1%増収 ブッカー買収も貢献=第1四半期

スーパー英最大手のテスコは15日、第1四半期(5月26日までの13週間)の国内売上高(ガソリン・VAT除く)が既存店ベースで前年同期比2.1%増加したと発表した。3月の降雪の影響で伸びは前期を下回ったものの、食品卸売で英最大手だったブッカー・グループの買収を4月に完了し、これが2桁の増収を達成して貢献した。

英国・アイルランドは実質3.5%の増収。うちアイルランドは3%伸びた。一方、中欧は1%、アジアは9%それぞれ減少した。ブッカー・グループは14.3%拡大した。

新規出店・売り場拡大分を加えた英国の売上高(ガソリン・VAT除く)は1.9%拡大。グループ全体では2.3%伸びた。

デーブ・ルイス最高経営責任者(CEO)は「当社の成長計画は順調に進んでいる」とコメント。ブッカーの買収によるシナジー効果を実現することに注力するとともに、ドイツ系格安スーパーのリドルとアルディへの対抗手段として、プライベートブランド(PB)商品の再投入を続けるとしている。[M&A]


関連国・地域: 英国ドイツアイルランドアジア
関連業種: 食品・飲料金融天然資源小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【欧州企業よもやま話】第263回・アコーホテルズ 中間層向けの「ノボテル」で成功(09/19)

アイルランドGDP、第2四半期は2.5%増(09/19)

石油セプサ、年内に上場=25%株超を放出(09/19)

EU移民の労働ビザ優遇は不要 離脱後は域外と同等に=諮問委(09/19)

スーパー売上高、直近12週間は3.8%増加(09/19)

英仏漁業団体、ホタテ漁問題巡り合意(09/19)

JLR、バーミンガムの工場で減産体制に(09/19)

EU離脱派、メイ首相案の撤回キャンペーン(09/19)

鉄道遅延率、過去12年で最悪の14%(09/19)

シェル、星でプロピレンの貯蔵能力を増強(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン