政府、新車のCO2排出量半減を検討

ドイツ政府は、乗用車・小型商用車の新車を対象に二酸化炭素(CO2)排出量を2021年の水準から2030年までに半減するよう義務付けることを検討しているもようだ。気候変動目標を達成し、電気自動車(EV)開発への投資を促すためには、欧州委員会が2017年11月に提案した新基準案…

関連国・地域: ドイツEU
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

アウディ、排ガス不正巡り8億ユーロ罰金(10/17)

全日空、羽田ーウィーン線を就航へ(10/17)

デンマーク、ドイツとの国境管理を再延長へ(10/17)

トルコ自動車生産、9月は1%減少(10/17)

ZEW景気期待指数、10月は大きく低下(10/17)

ユーロ圏貿易収支、8月は黒字縮小(10/17)

BMWとダイムラー、合弁巡り譲歩案提出(10/17)

独運輸省、オペルに10万台の回収命令へ(10/17)

スーパー売上高、直近12週間は3.2%増加(10/17)

NTTコム、ロンドン東部にデータセンター(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン