年金基金CIP、台湾で洋上発電の関連基金

デンマークの大手年金基金、コペンハーゲン・インフラストラクチャー・パートナーズ(CIP)は、沖合で多数の洋上風力発電計画が進められている台湾中部・彰化県の発展を支援する目的で、新たに「近岸永続発展基金」を設立すると発表した。集めた資金は、現地の環境保護や文化活…

関連国・地域: デンマークアジア
関連業種: 電力・ガス・水道金融・保険社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ビールのカールスバーグ、印でIPO計画(06/15)

海運ハパック・ロイド、イラン事業を縮小(06/12)

ノルウェー議会、ブルカ着用禁止の法案可決(06/08)

【ウイークリー統計】第10回 たばこの生産量と肺がん(06/07)

コロプラスト、ハンガリーで工場を拡張(06/06)

年金基金CIP、台湾で洋上発電の関連基金(06/05)

決済サービスのネッツとコンカルディス合併(06/05)

デンマーク、公の場で「ブルカ」など禁止へ(06/04)

乳業アーラ・フーズ、約350人を整理(05/31)

シーメンス、ノースボルトとLIBで提携(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン