• 印刷する

メルセデス、仏工場でEV生産へ

独自動車大手ダイムラーは18日、仏北東部のハンバッハ(Hambach)工場で高級車部門メルセデス・ベンツの電気自動車(EV)ブランド「EQ」のコンパクト・モデルを生産すると発表した。これに向け、工場設備や同モデルの開発に総額5億ユーロを投資する。

同社はハンバッハ工場に、最新技術を利用した車体生産および塗装設備を新設するほか、組立設備を拡大し、インフラを刷新する計画。同工場は現在、ダイムラーの超小型車「スマート」を生産し、2012年からEV版「スマート」の生産を手掛ける。「スマート」は2020年から全モデルでEVのみを提供する予定。ダイムラーはハンバッハ工場で「EQ」の生産も開始することにより、同工場をEV専用工場の1つとする計画だ。

メルセデス・ベンツは2022年までに新たに10モデル以上のEVを発売し、全セグメントでEVを提供する計画。これにより、2025年までにメルセデス・ベンツの売り上げに占めるEVの比率は15~25%に拡大すると見込む。

ダイムラーのディーター・ツェッチェ社長は「当社は100年以上の歴史の中で初めてメルセデス・ベンツの生産をフランスで行う」と説明。「コンパクトEQモデルをハンバッハ工場で生産することにより、EV計画を推進している」と話している。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツフランス
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ルノー・日産・三菱、EV充電技術社に出資(02/19)

KLM、エールフランスと統治体制で合意か(02/19)

ナバル、サウジアラビア軍事産業と合弁設立(02/19)

航空フライbmiが破綻、全便キャンセル(02/19)

自動車部品フォルシア、通期は13%増益(02/19)

ビベンディ、インドネ同業の株式20%取得へ(02/19)

「黄色いベスト」運動参加者が反ユダヤ攻撃(02/19)

オペル、新型「コルサ」に最新ライト搭載(02/19)

トタル、取引業務を英からスイスに移管へ(02/18)

トタルとアラムコ、サウジで燃料小売網構築(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン