• 印刷する

メルセデス、仏工場でEV生産へ

独自動車大手ダイムラーは18日、仏北東部のハンバッハ(Hambach)工場で高級車部門メルセデス・ベンツの電気自動車(EV)ブランド「EQ」のコンパクト・モデルを生産すると発表した。これに向け、工場設備や同モデルの開発に総額5億ユーロを投資する。

同社はハンバッハ工場に、最新技術を利用した車体生産および塗装設備を新設するほか、組立設備を拡大し、インフラを刷新する計画。同工場は現在、ダイムラーの超小型車「スマート」を生産し、2012年からEV版「スマート」の生産を手掛ける。「スマート」は2020年から全モデルでEVのみを提供する予定。ダイムラーはハンバッハ工場で「EQ」の生産も開始することにより、同工場をEV専用工場の1つとする計画だ。

メルセデス・ベンツは2022年までに新たに10モデル以上のEVを発売し、全セグメントでEVを提供する計画。これにより、2025年までにメルセデス・ベンツの売り上げに占めるEVの比率は15~25%に拡大すると見込む。

ダイムラーのディーター・ツェッチェ社長は「当社は100年以上の歴史の中で初めてメルセデス・ベンツの生産をフランスで行う」と説明。「コンパクトEQモデルをハンバッハ工場で生産することにより、EV計画を推進している」と話している。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツフランス
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録、3.9%減少 主要5カ国が軒並み不振=3月(04/18)

キングスパン、ベルギー社の2事業に買収案(04/18)

アグリコル、西サンタンデールと事業統合へ(04/18)

マクロン大統領「5年でノートルダム再建」(04/18)

自動車産業の「命取り」になりうるCO2規制 <連載コラム・自動車産業インサイト>第33回(04/18)

【ウイークリー統計】第35回 牛乳の使い道とアイスクリーム(04/18)

ユーロ圏貿易収支、2月は黒字拡大(04/18)

独政府専用機またも緊急着陸=旅客便に影響(04/18)

防衛タレス、印カルヤニと兵器開発で提携(04/17)

カルフール、店内店舗で中国・国美と提携(04/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン