• 印刷する

ライアンエアー、過去最高益 独西伊を中心に乗客数が拡大

アイルランドの格安航空大手ライアンエアーは21日、2018年3月通期の純利益が14億5,020万ユーロとなり、前期比10%増加したと発表した。平均運賃が下落したことで、ドイツやイタリア、スペインを中心に乗客数が拡大し、過去最高益を更新している。

売上高は8%増の71億5,100万ユーロ。乗客数は1億3,030万人と9%増えている。搭乗率は95%と1年前から1ポイント上昇した。平均運賃は39.40ユーロと3%低下。1座席当たりの平均コストは1%下落した。

同社は今期について、乗客数が7%拡大し1億3,900万人に達すると予想。1座席当たりの平均コストは9%上昇する一方、平均運賃は前年並みになるとみており、売り上げの伸びがコスト高と運賃の下落を完全に相殺するのは難しいとし、純利益は12億5,000万~13億5,000万ユーロに落ち込むとの見方を示した。

同社は昨年9月、休暇年度の変更に伴う休暇スケジュールの調整ミスにより、2万便が欠航。パイロットの離職が報じられると、マイケル・オレアリー最高経営責任者(CEO)が賃上げと労働条件の改善を提案し、さらに同社が設立当初から拒否してきたパイロット労働組合を英国とイタリアで認定した。

■アイルランドでストも

アイルランドのパイロット労組は先に、ライアンエアーに対し、勤務地や昇進、休暇などを含む新たな労働条件の導入を要求。24日までに合意するよう求めている。会社側がこれに応じない場合はストライキの決行もあり得るとしている。なお、アイルランドとスペイン、ポルトガル、ドイツの労組に関しては認定に向けた協議を進めている。[労務]


関連国・地域: 英国ドイツアイルランドイタリアスペインポルトガル
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

英首相、移行期間延長に前向き EU、11月臨時サミットに否定的(10/19)

武田薬品、愛シャイアー買収が日本で承認(10/19)

EU首脳会議が開幕 離脱交渉の進展が焦点(10/18)

ユーロ圏貿易収支、8月は黒字縮小(10/17)

独政府「EU離脱の全シナリオに備えある」(10/17)

国境問題で合意に至らず 英国とEU、サミット前に会談も(10/16)

グリーンコア、米事業を11億ドル弱で売却へ(10/16)

航空エアリンガス、カバナCEOが退任(10/15)

メイ首相、恒久的な関税同盟残留を否定(10/15)

ユーロ圏鉱工業生産、8月は1%増加(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン