石油ロスネフチ、事業の国際化を推進

ロシアの国営石油大手ロスネフチが、ベトナム沖のガス田開発の経験を基に事業の国際化を推進する方針だ。欧米諸国がウクライナ危機を巡る対露制裁を継続する中、欧米以外の地域での事業展開を加速させる必要があるため。海外上流事業の責任者の話として、ロイター通信が15日伝えた…

関連国・地域: 英国ロシアアジア
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

ルノー、上半期の記録更新 露・南米が回復=世界販売台数(07/17)

露、イランのエネルギー部門に大型投資か(07/17)

EU、中国と首脳会議=WTO改革呼び掛け(07/17)

携帯電話メガフォン、ロンドン上場を廃止へ(07/17)

米モルガン、鉄道車両リースのVTG買収へ(07/17)

パリの地下鉄、W杯優勝で駅名一時変更(07/17)

ロステック、移動式LNG火力発電機を開発(07/16)

南北朝鮮とロシアの物流事業が再開も(07/13)

PSAの販売台数、上半期は38.1%増加(07/13)

ロシア、太陽光で稼働するドローン開発(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン