石油ロスネフチ、事業の国際化を推進

ロシアの国営石油大手ロスネフチが、ベトナム沖のガス田開発の経験を基に事業の国際化を推進する方針だ。欧米諸国がウクライナ危機を巡る対露制裁を継続する中、欧米以外の地域での事業展開を加速させる必要があるため。海外上流事業の責任者の話として、ロイター通信が15日伝えた…

関連国・地域: 英国ロシアアジア
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

グループIB、星に国際事業本部を開設へ(11/20)

A・ミタルと新日鉄住金、印社買収で承認(11/20)

ロシア鉱工業生産、10月は3.7%増加(11/19)

ロスアトム、サウジで原発を追加受注も(11/19)

ダイヤのアルロサ、ボツワナ合弁の株式売却(11/19)

韓国・STX、ロシアにLPG貯蔵施設(11/16)

ラトビアの新保守党、組閣を断念(11/16)

ロシアの大学で空飛ぶタクシーの試作機完成(11/16)

国営原子力カザトムプロムがIPO実施(11/15)

ロシア経済、第3四半期は1.3%拡大(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン