ソロス氏の人権財団、ハンガリーから撤退

中東欧の国境開放をうたう著名投資家ジョージ・ソロス氏(87)が設立した人権擁護財団「オープン・ソサエティー財団(OSF)」は15日、ブダペストを拠点とした活動を終了すると発表した。今後はスタッフも含め、ベルリンに拠点を移す。ハンガリー政府が移民支援の非政府組織(N…

関連国・地域: ドイツハンガリー欧州
関連業種: 医療・薬品化学・石化社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

ガスプロム、罰金回避へ EU競争法違反巡る問題に決着(05/25)

MKB銀行、最大30%株を上場へ(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

ユーロ未採用の7カ国、導入条件満たさず(05/24)

日立、露車両製造TMHと合弁設立(05/23)

オートノイム、ハンガリーに部品工場を開設(05/22)

ハンガリーで第4次オルバン内閣が始動(05/22)

マジャールスズキ、ハンガリー工場に投資へ(05/21)

ハイドロ、ハンガリーにアルミ工場を新設(05/21)

欧州委、大気汚染規制違反で英独仏など提訴(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン