ソロス氏の人権財団、ハンガリーから撤退

中東欧の国境開放をうたう著名投資家ジョージ・ソロス氏(87)が設立した人権擁護財団「オープン・ソサエティー財団(OSF)」は15日、ブダペストを拠点とした活動を終了すると発表した。今後はスタッフも含め、ベルリンに拠点を移す。ハンガリー政府が移民支援の非政府組織(N…

関連国・地域: ドイツハンガリー欧州
関連業種: 医療・医薬品化学マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

世界のワイン生産量、過去18年で最高水準に(11/21)

ディジ、インビテル買収の承認取り消しに(11/20)

製薬エージス、ケルメンド工場に投資(11/16)

マケドニア元首相、ハンガリーで亡命申請(11/15)

チェコ、国連移民協定への不参加を閣議決定(11/15)

ハンガリーGDP、第3四半期は4.8%拡大(11/15)

ブルガリア、国連の移民協定への署名拒否も(11/14)

VW、独のEV電池コンソーシアムに参加も(11/14)

第1次世界大戦から百年、パリで記念式典(11/13)

ハンガリー鉱工業生産、9月は2.1%減少(11/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン