ソロス氏の人権財団、ハンガリーから撤退

中東欧の国境開放をうたう著名投資家ジョージ・ソロス氏(87)が設立した人権擁護財団「オープン・ソサエティー財団(OSF)」は15日、ブダペストを拠点とした活動を終了すると発表した。今後はスタッフも含め、ベルリンに拠点を移す。ハンガリー政府が移民支援の非政府組織(N…

関連国・地域: ドイツハンガリー欧州
関連業種: 医療・薬品化学・石化社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

オーパス、食品カルを完全子会社化へ(07/19)

ハンガリー、国連の移民協定から離脱(07/19)

ハンガリーのインフレ率、6月は3.1%(07/16)

独ボッシュ、ハンガリー新R&D拠点に着工(07/12)

ウィズエアー、ルーマニアから7路線就航(07/12)

リヒター、米国市場の不妊治療薬の権利取得(07/12)

ベルリンとウィーン結ぶ夜行列車が復活へ(07/12)

セルビア、鉄道路線改修を中国2社に発注(07/11)

イカルス・エジェディ、破産保護を申請(07/11)

欧州委、ドイツテレコムの墺事業取得を承認(07/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン