• 印刷する

カタルーニャ州議会、独立派の新首相を承認

スペイン北東部カタルーニャ自治州の議会(定数135)は14日、独立派で無所属のキム・トラ議員(55)の首相就任を可決した。66対65の僅差で賛成票が上回った。新首相の人選を巡り5カ月にわたり続いた混迷に終止符が打たれたものの、独立派が支配する同州とスペイン政府の間には依然として火種が残る。

トラ氏の首相就任は、独立派のジュンツ・パル・カタルーニャとカタルーニャ共和主義左翼(ERC)が支持した。同氏はカタルーニャ独立を目指す活動家で、2017年12月の自治州議会選挙にジュンツ・パル・カタルーニャの支持する無所属候補として立候補し、当選したばかりだが、同州のプチデモン前首相が後任に指名していた。トラ氏は昨年10月に行われた住民投票の結果を尊重し、あくまでカタルーニャの独立を目指すとしている。

同州では昨年10月、ジュンツ・パル・カタルーニャを率いるプチデモン前首相が、憲法裁判所の違憲判断を押し切り独立を巡る住民投票を決行。投票率は42.3%にとどまったが90%が独立を支持した。これを受け、同自治州は独立宣言に踏み切ったものの、憲法に基づき同州の自治権は停止され、スペイン政府の直接統治下に置かれていた。12月の州議会選挙では同党が再び第1党となったが、プチデモン氏は逮捕を避けるため国外逃亡を強いられていたため、同州首相への復帰を断念。他の首相候補もこの問題を巡る法的問題が足かせとなり承認に至らずにいた。


関連国・地域: スペイン
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

自動車部品ゲスタンプ、日本工場を増築(05/27)

スペイン、半導体分野に122億ユーロ投資へ(05/26)

24年に財政規律の適用再開へ 欧州委、ウクライナ侵攻影響考慮(05/25)

スペインに熱波到来、5月の最高気温更新(05/24)

イベルドローラ、英に高圧電解槽の試験工場(05/24)

ザラの印事業、通期は黒字転換(05/23)

ギリシャ、ロシア産重油の再輸出拠点に(05/23)

米テスラ、ベルギー充電網を他社EVに開放(05/23)

航空IAG、ボーイング「737MAX」50機発注(05/20)

テレフォニカ、出版プリサの株式7%売却(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン