• 印刷する

ボーダフォン、米リバティの欧州資産取得

英携帯電話サービス大手ボーダフォンは9日、米メディア大手リバティ・グローバルから欧州4カ国の資産を取得することで合意した。取引額は184億ユーロで、うち106億ユーロは現金で支払う。取引が成立すれば、ボーダンフォンは欧州大陸における「クアドラプルプレイ」(インターネット接続、固定電話、映像配信、携帯電話の4サービスの一括提供)が大幅に強化される。

ボーダフォンは、リバティ・グローバルからドイツ、ハンガリー、ルーマニア、チェコの資産を取得する。ボーダフォンは既にドイツでケーブルテレビ(CATV)事業を展開しているが、ハンガリー、ルーマニア、チェコでは携帯電話サービス事業のみを提供している。ボーダフォンにとっては、2000年に独同業マンネスマンを1,120億ポンドで買収して以来の大型取引となる。

ボーダフォンは2014年に独カーベル・ドイチュラントを77億ユーロで買収し、CATV業界では独最大手。今回の取得資産には独CATV2位のユニティメディアが含まれており、競合の独通信大手ドイツテレコムは取引に強く反対している。

しかし、ボーダフォンは現在、ドイツ全16州のうち13州でCATV事業を展開しており、ユニティメディアは残る3州をカバーしているため、ボーダフォンのビットリオ・コラオ最高経営責任者(CEO)は「地域的な重複はない」と主張している。取引は欧州委員会などの承認を経て、2019年後半に完了する見通し。

リバティ・グローバルは欧州12カ国で事業を展開しており、傘下の英CATV大手ヴァージン・メディアやアイルランド事業は引き続き保有する。一方、欧州大陸では資産の放出に着手しており、昨年12月には、オーストリア事業UPCオーストリアをドイツテレコムのオーストリア携帯電話子会社Tモバイルオーストリアに19億ユーロで売却することで合意している。[M&A][EU規制]


関連国・地域: 英国ドイツEUアイルランドオーストリアチェコハンガリールーマニア米国
関連業種: IT・通信メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

離脱協定案の支持求める メイ首相、英産業連盟の総会で(11/20)

グループIB、星に国際事業本部を開設へ(11/20)

ネスプレッソ、持続可能なアルミ導入へ(11/20)

A・ミタルと新日鉄住金、印社買収で承認(11/20)

メイ首相不信任投票への動きに失速の気配(11/20)

独経済相、マイナス成長受け減税策を検討(11/20)

新聞ジョンストン・プレス、社債権者が買収(11/20)

金融TSB、新CEOにクロスビー氏を指名(11/20)

ドイツ、サウジ政府関係者18人を入国禁止(11/20)

鉄道ヴァージン・トレインズ、米国進出(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン