世界初の浮体式原発、稼働に向け準備開始

ロシアの国営原子力企業ロスアトムが建造を進めていた浮体式原子力発電所(FNPP)「アカデミック・ロモノソフ(Akademik Lomonosov)」がサンクトペテルブルクから初航海に乗り出した。この種の原発の運用開始は世界で初めて。 まず北西部ムルマンスク(Murmansk)港で燃料を…

関連国・地域: ロシアアジア
関連業種: その他製造運輸電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

スーパーのディア、露L1が過半数株取得(05/20)

エニ、アルジェリアとガス輸入契約を延長(05/20)

欧州評議会、ロシアの復帰に道=独仏が尽力(05/20)

ロスアトム、徐大堡原発で原子炉2基設置へ(05/17)

VTB銀、ルストランスコムの株式取得も(05/17)

トランスネフチ「原油汚染の早期解決困難」(05/16)

旅行TUI、第2四半期は赤字拡大(05/16)

ウクライナのインフレ率、4月は8.8%(05/15)

欧州委、欧州議会選狙った偽情報流布に懸念(05/14)

リトアニア大統領選、シモニテ氏が首位(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン