• 印刷する

Tモバイルが合併で合意 ソフトバンク傘下のスプリントと

通信大手ドイツテレコム傘下の米携帯電話子会社TモバイルUSとソフトバンクグループ傘下の米スプリントは4月29日、事業合併で合意したと発表した。株式交換の形で行われ、取引額は260億ドル。統合後は企業価値1,460億ドルの巨大企業が誕生する格好だ。

取引では、TモバイルUS株1株当たり、スプリントの9.75株と交換する。新会社への出資比率はドイツテレコムが42%、ソフトバンクが27%で、米ワシントン州ベルビュー(Bellevue)を本拠とする。両社は合併により、コスト低減や経営規模の拡大、低価格かつ高品質で競争力のあるサービスを提供するための資源確保につながると主張。コスト面でのシナジー効果は60億ドル超に達し、2018年のサービス収入は530億~570億ドルを見込む。

新会社の最高経営責任者(CEO)にはTモバイルUSのジョン・レガー社長兼CEOが就任するほか、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長、スプリントのマルセロ・クラウレCEOが取締役に名を連ねる。取引は関係当局の承認を経て、2019年6月までの完了を見込む。

レガー社長兼CEOは今回、新会社の方針として、向こう3年で第5世代(5G)サービスの携帯電話通信網に400億ドルを投資すると発表。合併前に比べて増員する予定だと強調した。

TモバイルUSとスプリントはそれぞれ、米国の携帯電話で3位と4位につけている。合併が成立すると、契約者数は1億2,700万人に達し、国内最大手のベライゾン(Verison)・コミュニケーションズと2位のAT&Tに迫る。なお両社は昨年にも株式交換による合併交渉を進めていたが、取引額で折り合わず計画を白紙に戻した経緯がある。[日本企業の動向][M&A]


関連国・地域: ドイツアジア米国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

露マグニト、競合レンタの元CEOが社長に(01/18)

シュコダ、昨年のインド市場は66.2%減益(01/18)

独ダイムラー、ポーランドにトラック子会社(01/18)

財務省、独大手2行の合併シナリオ精査か(01/18)

独シェフラー、東部でベアリング工場拡張(01/18)

小売りメトロ、第1四半期は0.6%減収(01/18)

EU、鉄鋼の輸入制限措置を正式に発動(01/18)

LEVC、アウディ元幹部を次期CEOに(01/18)

プラスチック廃棄物除去のアライアンス始動(01/18)

ドイツの武器輸出、昨年は23%減少(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン