フィリップスライティング、67%減益

オランダの家電・医療機器大手ロイヤル・フィリップスから分社化した照明機器世界最大手のフィリップスライティングは26日、第1四半期(1〜3月)の純利益が2,000万ユーロとなり、前年同期比67%減少したと発表した。全市場が減収に沈み、中でも米国が不調だった。 売上高は15億…

関連国・地域: オランダ米国
関連業種: 経済一般・統計電機医療・薬品


その他記事

すべての文頭を開く

アクゾノーベル、第2四半期は10%減益(07/19)

半導体機器ASML、第2四半期は25%増益(07/19)

東レ、炭素繊維複合材料TCACの買収完了(07/19)

リンデ、独メッサーなどに米資産売却(07/18)

カーナビのトムトム、第2四半期は26%増益(07/18)

エールフランスKLM、中国との合弁一本化(07/18)

ユニリーバの印事業、第1四半期は19%増益(07/18)

オランダの住宅価格、第2四半期は過去最高(07/17)

通信オレンジ、ベースファームを買収(07/17)

KPMG、香港で南部へオフィス移転か(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン