フィリップスライティング、67%減益

オランダの家電・医療機器大手ロイヤル・フィリップスから分社化した照明機器世界最大手のフィリップスライティングは26日、第1四半期(1〜3月)の純利益が2,000万ユーロとなり、前年同期比67%減少したと発表した。全市場が減収に沈み、中でも米国が不調だった。 売上高は15億…

関連国・地域: オランダ米国
関連業種: 経済一般・統計電機医療・薬品


その他記事

すべての文頭を開く

アクゾ、印で生産増強に400万ユーロ投資(05/25)

ユニボールの豪社買収、取引成立に青信号(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

蓄電池ゾンネン、石油シェルが出資(05/24)

欧州の旅行先ランキング、伊北東部が首位に(05/24)

ウェールズの鉄道運営権、仏西連合が落札(05/24)

トルコの大統領、ボスニアへの投資を公約(05/22)

海航集団など、ブルガリアの空港に投資へ(05/22)

スペーシズ、比に大規模な共有オフィス開設(05/21)

ベルギーに物流業界版エアビーが登場(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン