フィリップスライティング、67%減益

オランダの家電・医療機器大手ロイヤル・フィリップスから分社化した照明機器世界最大手のフィリップスライティングは26日、第1四半期(1〜3月)の純利益が2,000万ユーロとなり、前年同期比67%減少したと発表した。全市場が減収に沈み、中でも米国が不調だった。 売上高は15億…

関連国・地域: オランダ米国
関連業種: 電機医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクアウェー・ドットコム、市場ほぼ独占(08/19)

オランダ失業率、7月は横ばいの3.4%(08/16)

石油BP、LNG契約の標準化へ雛形を公開(08/16)

オランダGDP、第2四半期は0.5%拡大(08/15)

蘭、フローニンゲン地震で8千万ユーロ補償(08/15)

ヒア、都市部の交通状況解析で英社と提携(08/13)

エネコとエッセント、過大請求で2社が提訴(08/12)

オランダ、熱波の影響で死亡者急増か(08/12)

フィリップス、通年は12~15%増収目標(08/08)

オランダのインフレ率、7月は2.5%に減速(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン