フィリップスライティング、67%減益

オランダの家電・医療機器大手ロイヤル・フィリップスから分社化した照明機器世界最大手のフィリップスライティングは26日、第1四半期(1〜3月)の純利益が2,000万ユーロとなり、前年同期比67%減少したと発表した。全市場が減収に沈み、中でも米国が不調だった。 売上高は15億…

関連国・地域: オランダ米国
関連業種: 電機医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

商船三井、海洋環境保護プログラムに参加(02/15)

ユーロ圏成長率、0.2%を維持 ドイツは景気後退入りを免れ(02/15)

シェル、エジプトで油ガス権益を取得(02/15)

ユーロ圏鉱工業生産、予想上回る落ち込み(02/14)

ビールのハイネケン、通期は12.5%増益(02/14)

ルノー、ゴーン被告の退職金を取り消し(02/14)

化学アクゾノーベル、通期は4倍超に増益(02/14)

EU、鉄道分野で合意なき離脱対策を発表(02/14)

欧州委、3社のヴァージン航空運営を承認(02/14)

EU、「ノルドストリーム2」規制案で合意(02/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン