フィリップスライティング、67%減益

オランダの家電・医療機器大手ロイヤル・フィリップスから分社化した照明機器世界最大手のフィリップスライティングは26日、第1四半期(1〜3月)の純利益が2,000万ユーロとなり、前年同期比67%減少したと発表した。全市場が減収に沈み、中でも米国が不調だった。 売上高は15億…

関連国・地域: オランダ米国
関連業種: 電機医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

飼料デ・ハウス、越北部で豚肉処理場を開設(11/19)

ユーロ圏GDP、0.2%拡大 第3四半期=2次速報値(11/15)

食品の味は著作権で保護できず=欧州司法裁(11/14)

ITのティエト、ヒアとソフト開発で提携(11/13)

老舗2百貨店の統合計画、競争当局が承認(11/12)

ユーロ圏経済、2.1%拡大も 欧州委の秋季経済見通し(11/09)

EV新車登録台数、第3四半期は30%増加(11/09)

アホールド・デレーズ、26.7%増益(11/08)

日本精機、北部グダニスク事務所を移転(11/08)

児童死亡の蘭カート会社、破産申請取り下げ(11/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン