グループPSA、42.1%増収 ボクソールとオペルが底上げ

仏自動車大手グループPSA(旧プジョー・シトロエン・グループ)は24日、第1四半期(1~3月)の売上高が前年同期比42.1%増の181億8,200万ユーロになったと発表した。米ゼネラルモーターズ(GM)から取得した英ボクソールと独オペルが全体を底上げした。

売上高を事業別に見ると、主力の自動車部門は、プジョー、シトロエン、DSが合わせて102億1,400万ユーロと13.2%増加。ボクソールとオペルは48億3,800万ユーロだった。フォルシア(Faurecia)は43億1,500万ユーロで、2.6%伸びた。

世界販売台数は44.2%増の105万1,947台。欧州は大きく65.7%増加し、中東・アフリカは6.4%増えた。中南米も12.3%拡大し、中国・東南アジアは1.8%のプラスとなった。

PSAは今年の自動車需要について欧州は堅調に推移すると予想。ロシアは10%、中南米は4%それぞれ拡大するほか、中国は2%伸びるとみている。

また自動車部門の営業利益率を2016~2018年に平均4.5%超、2021年までに6%以上とする目標を維持。グループの売上高については、2018年までに対2015年比で10%増、2021年までにさらに15%増やす方針だ。


関連国・地域: 英国ドイツフランスロシアアジア米国中南米欧州
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

海運マースク、赤字拡大 CEOがイラン事業撤退に言及(05/18)

オカド、米クローガーと提携 食品配達向け技術提供=米国進出(05/18)

日本電産、PSAとのモーター合弁設立完了(05/18)

欧州新車登録、4月は9.6%増加(05/18)

複合企業ブイグ、第1四半期は黒字に復帰(05/18)

ミシュランガイド、タイ版の第2弾発行へ(05/18)

EU、米鉄鋼関税除外なら自動車市場開放も(05/18)

家電量販セコノミー、第2四半期は黒字復帰(05/18)

ユーロ圏建設業生産、3月は0.3%減少(05/18)

重電アルストム、64%増益 鉄道車両事業など好調(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン