• 印刷する

バークレイズのCEOに罰金 金融当局、内部告発巡り

英金融大手バークレイズのジェス・ステイリー最高経営責任者(CEO)が内部告発者の身元を特定しようとした疑いが持たれている問題で、英金融行為監督機構(FCA)および英中銀イングランド銀行の下部組織であるプルーデンス規制機構(PRA)はそれぞれ同CEOに罰金を科した。ただ、免職処分までは踏み込んでいない。同行が20日発表した。

罰金の額は明らかにされていない。PRAとCFAはこの件に関する調査を終了し、同CEOに警告通知案を送達した。この中で、同CEOが「適切な技能や配慮、注意義務に欠けていた」との判断を下したが、「CEOの任務遂行に必要な適格性や妥当性を欠いてはいない」との見解を示したという。両当局は、ステイリーCEOの同意を得た上でこの警告を確定し、内容を正式に発表する予定。

バークレイズは、「取締役会はステイリー氏を引き続き全会一致で信任する」としている。同CEOは既に2017年5月の株主総会で過ちを認めて謝罪し、懲戒処分と減給処分を受けていた。

ステイリーCEOは2016年6月、同行の取締役会が同CEOの元同僚の採用に絡む内部告発を受けた際、この内部告発者の身元を特定しようとした。PRAとFCAはこの件について2017年4月に調査を開始していた。英国では2013年に、バークレイズを含む国内大手各行がロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の不正操作に加わっていた事実が発覚したことを受け、FCAとPRAが金融機関の内部告発を促進するための新たなルールを策定。2016年6月にこれを施行していた。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テスコの決定に競合が追随 事業税控除分を追納=批判受け(12/04)

イングランドなど、生きた家畜の輸出禁止も(12/04)

婦人服販売ボンマルシェ、再び経営破綻(12/04)

ベントレー、英離脱に備え貨物機借り入れへ(12/04)

11月は45.3に大幅下落 ユーロ圏総合PMI確定値(12/04)

インターコンチ、タイでホテルを増設へ(12/04)

製薬クリニジェン、マレーシアに事務所開設(12/04)

スタンチャート、中国の市場業務を強化(12/04)

英、米独社のワクチンを承認 近く国民への接種開始も(12/03)

オランダ港、ブレグジット注意喚起を本格化(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン