半導体機器ASML、第1四半期は19%増益

半導体機器で世界最大手のASMLホールディング(オランダ)は18日、第1四半期(1~3月)の純利益が5億3,970万ユーロとなり、前年同期比19.4%増加したと発表した。露光装置の需要拡大が追い風となった。 売上高は17.6%増の22億8,500万ユーロ。当期に販売した露光装置は49…

関連国・地域: オランダ
関連業種: 経済一般・統計IT・通信製造一般


その他記事

すべての文頭を開く

欧州委、RBPLの中核銀行業務売却を承認(07/20)

ユニリーバ、2.4%減益 ストの影響で中南米落ち込む(07/20)

EU、中国の電動自転車に反ダンピング関税(07/20)

グリーナジー、蘭のバイオ燃料工場を取得(07/20)

アクゾノーベル、第2四半期は10%減益(07/19)

半導体機器ASML、第2四半期は25%増益(07/19)

東レ、炭素繊維複合材料TCACの買収完了(07/19)

リンデ、独メッサーなどに米資産売却(07/18)

カーナビのトムトム、第2四半期は26%増益(07/18)

エールフランスKLM、中国との合弁一本化(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン