テスコ、通期は28%増益 事業の全面見直しが奏功

スーパー英最大手テスコは11日、2017/18年度(2月24日までの52週間)の営業利益(特別損益除く)が16億4,400万ポンドとなり、前期比28.4%増加したと発表した。デーブ・ルイス最高経営責任者(CEO)による事業の全面見直しが奏功し、足元の英国が好調だった。

売上高(ガソリン・VAT除く)は509億9,100万ポンドと、既存店・恒常為替レートベースで0.6%増加。うち英国・アイルランドは2.2%の増収を確保。一方、アジア(マレーシアとタイ)は9.4%、中欧は1.6%それぞれ縮小した。金融部門テスコ・バンクは3.9%増えた。

ルイスCEOは、「9四半期連続で成長している」とした上で、「消費者が質と価値の改善を認識し、より多くの人々が当社で買い物をすることを選択し、ブランド力がより強化されている」と述べた。また、下半期には営業利益率が3%に改善し、過去3年で純負債が60億ポンド近く縮小したことも強調した。

同社は併せて、英食品卸売最大手ブッカー・グループの買収手続きを完了したと発表した。ルイスCEOは、この合併によって生まれるシナジー効果や新たな成長を目指し、早急に行動に移していくとした。

テスコは昨年1月、総額37億ポンドでブッカーを買収することで合意。一方、双方の株主やテスコの取締役会からは取引額への不満や合併後の運営体制の混乱などを懸念する声も上がったが、先に両社の株主がこれを承認した。これにより、年商2,000億ポンドを誇る食品業界の巨大企業が誕生する。[M&A]


関連国・地域: 英国アジア欧州
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料天然資源金融・保険商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

アリオン銀行、2カ国のナスダックに上場へ(05/21)

セインズベリー買収計画で聞き取り調査(05/21)

英政府、シェールガス開発の追加支援策発表(05/21)

ロイズ銀、愛の住宅ローン資産を売却(05/21)

製薬アストラゼネカ、第1四半期は38%減益(05/21)

欧州委、大気汚染規制違反で英独仏など提訴(05/21)

車の最先端技術、英国で32万人の雇用創出も(05/21)

DEPA、送ガス子会社を伊エニに売却(05/18)

オカド、米クローガーと提携 食品配達向け技術提供=米国進出(05/18)

欧州新車登録、4月は9.6%増加(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン