• 印刷する

仏PSA、英国工場に投資 年産能力を10万台に=1億ポンド

仏自動車大手グループPSA(旧プジョー・シトロエン・グループ)は4日、イングランド南東部のルートン(Luton)工場に投資し、年産能力を現在の6万台から10万台に拡大すると発表した。傘下の独オペルと英ボクソールの小型商用車「ビバロ(Vivaro)」の新型を生産するため。

投資総額は1億ポンドに上るとみられ、うち900万ポンドを英政府が補助する。同社は少なくとも2029年まで、ルートン工場で「ビバロ」の生産を続ける方針。新型の生産には傘下の各ブランド共通の設備を用いるため、将来的に同工場でプジョーやシトロエンの小型商用車を生産することも可能という。

これにより、ルートン工場の従業員1,400人は雇用が保障される。ボクソールはイングランド北西部エルズミアポート(Ellesmere Port)にも工場を構える。同工場は1,800人を雇用するが、昨年10月以降に計700人が整理されている。PSAが昨年3月に米ゼネラルモーターズ(GM)からオペルとボクソールの買収を決めた際には、これら2工場が人員整理の最有力候補とみられていた。[M&A][労務]


関連国・地域: 英国ドイツフランス米国
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

首相、国境検査巡る極秘計画を否定(01/18)

日立、英原発建設計画を凍結 今期に3000億円の損失計上(01/18)

メイ首相、EU離脱巡り野党と協議(01/18)

LEVC、アウディ元幹部を次期CEOに(01/18)

プラスチック廃棄物除去のアライアンス始動(01/18)

英プレミア・フーズ、CFOが暫定CEOへ(01/18)

クラークス、イングランドの工場閉鎖へ(01/18)

ZF、燃料電池バスにパワートレイン提供(01/18)

英CWG、賃貸契約で欧州当局と法廷闘争(01/18)

英独立党党首ら、ルペン氏の政治会派に合流(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン