• 印刷する

スカイ・ニュース取得を提案 ディズニーが21世紀フォックスに

英衛星放送大手スカイの買収を目指すメディア王ルパート・マードック氏率いる米21世紀フォックスは、米ウォルト・ディズニーがスカイ・ニュースを買い取ることを提案していると明らかにした。英競争・市場局(CMA)の承認獲得につなげる狙い。BBC電子版などが3日伝えた。

21世紀フォックスは2016年12月、スカイの残り株61%を取得することで合意した。しかしCMAは今年1月に、メディアの多様性が失われる恐れがあり公共の利益にならないとの暫定的判断を下し、スカイ・ニュースのスピンオフ(分離・上場)または売却などの是正措置がなければ、取引を阻止する方針を示している。

ウォルト・ディズニーは昨年12月、スカイ株39%を含めた21世紀フォックスの資産の大半を買い取ることで合意しているが、この取引の成立にかかわらずスカイ・ニュースの取得に関心を示している。ディズニーが買収する場合にもCMAの審査が必要となるが、21世紀フォックスに比べて英国のメディアでの存在感ははるかに小さいため問題となる可能性は低いとされる。

21世紀フォックスはCMAに対して、ウォルト・ディズニーの提案を提示するとともに、代替案としてスカイ・ニュースの経営の独立を保証する案も示した。これはスカイ・ニュースをスカイから分離し15年間の運営資金を保証するもので、スカイの会長であるマードック氏やチェイス・カーリー最高経営責任者(CEO)らがスカイ・ニュースの編集に影響を与えないことを明言した。21世紀フォックスは、2つの提案のどちらかで取引の承認を得られるとみている。

一方、スカイに対しては、米ケーブルテレビ(CATV)最大手のコムキャストも2月末に買収案を提示している。条件は1株当たり12.5ポンドと、21世紀フォックスの10.75ポンドを約16%上回る。21世紀フォックスは当局の承認が得られれば、コムキャストに対抗して提示額を引き上げるとみられている。


関連国・地域: 英国米国
関連業種: 金融メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

欧州議会選の投票開始 団結か分断か、EU市民の選択は(05/24)

下院院内総務が辞任=メイ首相近く辞意も(05/24)

小売りアルカディア、23店舗の閉鎖を検討(05/24)

伊プラダ、来年から毛皮の使用を廃止へ(05/24)

化粧品エイボン、ブラジルのナチュラが買収(05/24)

欧州商用車登録台数、4月は7.6%増加(05/24)

アリアンツX、加ロボアドバイザー社に出資(05/24)

英オフィール、インドネ・メドコが買収完了(05/24)

インドネ・ガルーダ航空、ロンドン線運休も(05/24)

米FB、欧州議会選に向け偽情報を削除(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン