仏電力公社、蓄電能力拡大に80億ユーロ投資

フランス電力公社(EDF)は27日、2035年までに80億ユーロを投じて全世界で1,000万キロワット分の蓄電容量を新たに開発すると発表した。既に保有する500万キロワット分の蓄電容量から3倍に拡大する。これにより欧州の蓄電分野で主導的な地位を確立することを目指す。 同社のジ…

関連国・地域: フランスアフリカ
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道金融・保険社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

エアバス、UAEリース会社が400機発注も(05/21)

米国の対イラン制裁に対抗策 EU、欧州企業の保護へ行動指針(05/21)

エアビー、デンマーク当局に家主収入報告へ(05/21)

欧州委、大気汚染規制違反で英独仏など提訴(05/21)

海運マースク、赤字拡大 CEOがイラン事業撤退に言及(05/18)

オカド、米クローガーと提携 食品配達向け技術提供=米国進出(05/18)

日本電産、PSAとのモーター合弁設立完了(05/18)

欧州新車登録、4月は9.6%増加(05/18)

複合企業ブイグ、第1四半期は黒字に復帰(05/18)

ミシュランガイド、タイ版の第2弾発行へ(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン