• 印刷する

アクゾ、特殊化学事業を売却 米カーライルとGICに

オランダの化学大手アクゾノーベルは27日、特殊化学事業を米投資会社カーライル・グループとシンガポール政府系投資会社GICから成るコンソーシアムに売却すると発表した。取引額は負債引き受けを含めて101億ユーロ。昨年に米同業PPGインダストリーズからの買収案を拒否して以降、高まっていた株主からの圧力を緩和し、今後は主力の塗料・塗装事業に注力する。

アクゾノーベルの化学技術はビニール袋や太陽光パネルなどさまざまな製品に使用されている。近年はとりわけ欧州での需要が増加しており、特殊化学事業は2017年に増収増益を記録。米アポロ・グローバル・マネジメントや、米アドベント・インターナショナルとベイン・キャピタルによるコンソーシアムなどが買収合戦を繰り広げていた。

アクゾノーベルは今回の取引で75億ユーロの売却益を得る見込み。ティエリー・ファンランカー最高経営責任者(CEO)は、大半を株主に還元するとしている。取引は関係当局の承認を経て、年末までに完了する見通し。

ファンランカーCEOによると、アクゾノーベルは塗料・塗装分野で世界トップ3に入る。今後は買収による規模の拡大も視野に入れており、2020年までに15%の利益率を達成する目標を掲げている。

アクゾノーベルは昨年、PPGインダストリーズからの260億ユーロの買収提案を拒否。同年11月には、米アクサルタ(Axalta)・コーティング・システムと塗料・塗装事業を統合する合併交渉が決裂した。[M&A]


関連国・地域: オランダアジア米国
関連業種: 化学金融電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ABNアムロ、2024年までに約3千人整理へ(12/01)

ユニリーバ、英国への本社一本化を完了(12/01)

欧州委、アルティスによる仏同業の買収承認(12/01)

三井物産、トマト種子開発トタムに75%出資(11/30)

ユーロスター、英政府に支援要請(11/27)

KLM、短距離飛行の代替に鉄道利用促進(11/25)

トラフィギュラ、コンゴ民主とコバルト協定(11/25)

ユニリーバ、植物由来食品の売り上げ拡大へ(11/23)

オランダ、映画館再開など規制緩和(11/20)

オランダ失業率、10月は4.3%に改善(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン