アステラス、小児向け排尿障害治療薬が承認

アステラス製薬は9日、欧州でムスカリン受容体拮抗剤「コハク酸ソリフェナシン」の経口懸濁液が、小児向けの神経因性排尿筋過活動(NDO)の治療薬として認められたと発表した。成人向けでは既に成人向け過活動ぼうこう治療薬として承認を取得しており、適応拡大が認められた格…

関連国・地域: EUオランダアジア
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

ハンガリーGDP、第2四半期は4.6%拡大(08/15)

ユーロ圏成長率、横ばいの0.4% ドイツは加速=2次速報値(08/15)

ZEW景気期待指数、8月は大きく上昇(08/15)

ムーディーズ、スウェーデン支部を子会社に(08/15)

ユーロ圏鉱工業生産、6月は0.7%減少(08/15)

インフレ率、7月は2%に減速=改定値(08/15)

独立系音楽レーベル、EMI買収阻止を要求(08/15)

欧パーム油規制、ガーナがマレーシアと同調(08/15)

住みやすい都市、ウィーンが世界首位(08/15)

【欧州環境トピックス】第188回 7月16日~31日(1)(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン