アステラス、小児向け排尿障害治療薬が承認

アステラス製薬は9日、欧州でムスカリン受容体拮抗剤「コハク酸ソリフェナシン」の経口懸濁液が、小児向けの神経因性排尿筋過活動(NDO)の治療薬として認められたと発表した。成人向けでは既に成人向け過活動ぼうこう治療薬として承認を取得しており、適応拡大が認められた格…

関連国・地域: EUオランダアジア
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

VW、旧式ディーゼル車の買い替えを優遇(10/19)

肥料ヤラ、第3四半期は8.9%増益(10/19)

サルビーニ同盟党首、欧州委員長に名乗りも(10/19)

英首相、移行期間延長に前向き EU、11月臨時サミットに否定的(10/19)

<連載コラム・環境フォーカス>第28回 環境規制強化で選択迫られる企業(10/19)

欧州議会環境委、商用車の排出削減案を可決(10/19)

【欧州における日本企業の動向】9月10~23日(1)(10/19)

【欧州における日本企業の動向】9月10~23日(2)(10/19)

EU首脳会議が開幕 離脱交渉の進展が焦点(10/18)

独経済団体、今年の輸出見通しを下方修正(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン