• 印刷する

BMW、過去最高益を達成 売上高・販売台数も記録更新

独高級車大手BMWは8日、2017年の純利益が87億600万ユーロとなり、前年比26%増加したと発表した。米国の法人税率引き下げが追い風となった。売上高、販売台数とともに過去最高を更新した。

売上高は4.8%増の986億7,800万ユーロ。本業のもうけを示すEBIT(利払い・税引き前利益)は98億8,000万ユーロと5.3%増加した。自動車に限ると78億6,300万ユーロと2.2%増え、金融サービスは0.5%伸びた。自動車の利益率は、EBITベースで8.9%と1年前から変化がない。

自動車の世界販売台数は4.1%増の246万3,526台。うち「BMW」が208万8,283台を売り上げ、4.2%増えた。英「ミニ」は3.2%のプラスだったが、「ロールス・ロイス」は大きく16.2%落ち込んだ。

販売台数を地域別に見ると、欧州は全ブランド合わせて0.9%増の110万1,760台。アジアは84万8,826台と13.6%増え、うち中国本土は15.1%伸びた。一方、米大陸は米国が振るわず2%減少した。

二輪車は世界全体で16万4,153台と、13.2%増えた。

BMWは今年について、世界販売台数はさらに増加すると予想。スポーツタイプ多目的車(SUV)「X3」の供給力の拡大や新モデルの投入により勢いは増すとし、販売台数の新記録を打ち立てる目標を掲げた。


関連国・地域: ドイツアジア米国カナダ欧州
関連業種: 自動車・二輪車金融小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

政府、AIのR&Dに30億ユーロ投資へ(11/16)

海運マースク、第3四半期は利益横ばい(11/16)

産業ガスのリンデ、1~9月期は4.2%増益(11/16)

欧州新車登録、10月は7%減 主要5カ国が引き続きマイナス(11/16)

製糖ノルトツッカー、豪マッカイと買収協議(11/16)

化学ヘンケル、第3四半期は8.9%増益(11/16)

イネオス、オフロード車の生産拠点近く決定(11/16)

シクスト、第3四半期は27.3%増益(11/16)

ダイムラー、北京に第2のR&D拠点を新設(11/16)

メルセデス、中国産の「EQC」を来年発売(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン