• 印刷する

ルクソティカ、福井めがね工業の67%株取得

眼鏡フレームで世界最大手の伊ルクソティカ(Luxottica)・グループは6日、福井めがね工業(福井県鯖江市)の株式67%を取得すると発表した。眼鏡フレームの製造で高い技術を誇る福井県鯖江市に生産拠点を持つための足掛かりにする。

レオナルド・デルベッキオ会長は「今回の株式取得は当社が日本のモノづくりの世界に踏み込むための第一歩」とコメント。「眼鏡業界の歴史上初めて、イタリアと日本の優れた職人を一つ屋根の下に納める」と満足感を示した。取引額は明らかにされていない。

福井めがね工業は1969年の設立。高級めがねフレームに特化しており、チタンフレームや18金フレームを主力商品とする。

ルクソティカは昨年1月、仏眼鏡レンズ大手エシロール(Essilor)・インターナショナルと経営統合することで合意。先には欧州委員会から承認を得た。[M&A][日本企業の動向][EU規制]


関連国・地域: フランスイタリアアジア
関連業種: 鉄鋼・金属その他製造金融

その他記事

すべての文頭を開く

アリタリア航空、救済にアトランティア参画(07/17)

HIS、リーガ・エスパニョーラと契約(07/17)

破綻の建設アスタルディ、同業サリニが買収(07/17)

アリタリア航空、救済に新たに4社名乗りか(07/16)

中国・華為、イタリアに31億ドル投資へ(07/16)

FCA、BEV版「500」に7億ユーロ投資(07/15)

三菱ケミカル、伊にSMC製造設備を新設へ(07/15)

ゼネラリとCDP、中国に金融市場開放要求(07/12)

アリタリア航空、アトランティアが関心(07/11)

ユーロ圏の成長見通し維持 欧州委、内需回復も輸出低迷(07/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン