• 印刷する

ルクソティカ、福井めがね工業の67%株取得

眼鏡フレームで世界最大手の伊ルクソティカ(Luxottica)・グループは6日、福井めがね工業(福井県鯖江市)の株式67%を取得すると発表した。眼鏡フレームの製造で高い技術を誇る福井県鯖江市に生産拠点を持つための足掛かりにする。

レオナルド・デルベッキオ会長は「今回の株式取得は当社が日本のモノづくりの世界に踏み込むための第一歩」とコメント。「眼鏡業界の歴史上初めて、イタリアと日本の優れた職人を一つ屋根の下に納める」と満足感を示した。取引額は明らかにされていない。

福井めがね工業は1969年の設立。高級めがねフレームに特化しており、チタンフレームや18金フレームを主力商品とする。

ルクソティカは昨年1月、仏眼鏡レンズ大手エシロール(Essilor)・インターナショナルと経営統合することで合意。先には欧州委員会から承認を得た。[M&A][日本企業の動向][EU規制]


関連国・地域: フランスイタリアアジア
関連業種: 鉄鋼・金属その他製造金融

その他記事

すべての文頭を開く

格安航空NAS、一部運航路線から撤退(01/18)

プラスチック廃棄物除去のアライアンス始動(01/18)

英独立党党首ら、ルペン氏の政治会派に合流(01/18)

イタリア製造業受注、11月は0.2%減少(01/17)

欧州新車登録、12月は8.4%減少(01/17)

プラハ空港、昨年の利用者数が過去最高更新(01/17)

エニ、オマーンの2鉱区のラインセンス取得(01/16)

ECB、各行に不良債権の全額引き当て要求(01/16)

化石燃料への補助金、EU最多は英国(01/16)

東地中海諸国、地域ガス市場を創設へ(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン