• 印刷する

トイザらス英事業が経営破綻=身売りに失敗

経営破綻した米玩具小売大手トイザらスの英国事業が、管財人の管理下に入った。英国では裁判所の主導で事業再建案をまとめていたが、身売り先が現れなかった。国内最大手の破綻により、3,000人の従業員が失職の危機にさらされる。BBC電子版などが2月28日伝えた。

管財人によると、英国内で展開されている計105店舗は追加の通知があるまで営業を続けるという。共同管財人を務めるサイモン・トーマス氏は、店舗閉鎖の対象が一部となるか全店舗となるかは判断の最中だとした。なお、今春までに26店舗を閉鎖することが既に決まっている。

トイザらスの英国事業は約1,500万ポンドの税金支払いを控えているが、売り上げの低迷から納税の可否が懸念されている。同社は過去8年間で7度の通期赤字を計上した。

トイザらスは昨年9月、米国で連邦破産法11条の適用を申請。英国事業は昨年12月、向こう3年間で退職スキームへ980万ポンドを注入することで債権団の1つである公的機関の年金保護基金(PPF)と合意し、この時点での管財人の管理下入りを免れていた。

■マプリンも経営破綻

経営難に陥っていた英電子機器販売大手マプリン(Maplin)・エレクトロニクスもこの日、管財人の管理下に入った。複数の身売り先との協議が物別れに終わったため。

同社は200店舗超を保有し、約2,500人の従業員を抱える。破綻手続き中は営業を続ける方針。マプリンは2014年、投資会社ラトランド(Rutland)・パートナーズがモンタギュー(Montagu)・プライベートエクイティーから経営権を取得していた。[労務][M&A]


関連国・地域: 英国米国
関連業種: 電機その他製造金融IT・通信小売り・卸売りメディア・娯楽マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

エニ、オマーンの2鉱区のラインセンス取得(01/16)

英下院、EU離脱協定を否決 野党が内閣不信任動議を提出(01/16)

英フライビー、売却条件の引き上げで合意(01/16)

仏ロクシタン、英エレミスを9億ドルで買収(01/16)

ユーロ圏貿易収支、11月は黒字縮小(01/16)

米フォード、英での人員削減数は1千人超か(01/16)

シェルと蘭年金基金、エネコの共同買収検討(01/16)

化石燃料への補助金、EU最多は英国(01/16)

博報堂、英独の広告2社と業務提携(01/16)

豪郵便局、英物流会社を完全子会社化(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン