• 印刷する

VW、販売好調で利益倍増 排ガス不正の引当金は半減

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は23日、2017年12月期の営業利益が138億1,800万ユーロとなり、前期の71億300万ユーロから2倍近くに増えたと発表した。販売が好調だったことやコスト削減の効果に加え、2015年9月に発覚した排ガス不正問題に絡む引当金が32億ユーロと、1年前から半減したことも大きい。

売上高は6.2%増の2,306億8,200万ユーロ。純利益は113億5,400万ユーロで、前期の51億4,400万ユーロから2倍以上に増えた。販売台数は3.7%増の1,077万7,000台だった。

特別損益を除く営業利益は16.5%増の170億4,100万ユーロ。特別損益を除く営業利益率は7.4%と、0.7ポイント上昇している。

マティアス・ミューラー最高経営責任者 (CEO)は「当社は業界全体と同様、大きな課題と抜本的な変化に直面している」とした上で、「今回の素晴らしい業績は、これらに向けた強固な土台と自信を与えてくれる」とコメント。新事業戦略は目に見える成果を上げ始めていると話した。

決算の詳細は3月13日に発表される予定。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

墺首相、極右政党との連立解消=総選挙へ(05/21)

三和HD、独子会社がドア製造ロバスト買収(05/21)

欧州議会選、蘭に注目集まる 他国の投票行動に影響も(05/21)

露、ポーランドに導管経由の原油供給を再開(05/21)

欧州議会選控え全国で親欧州デモ(05/21)

米国、EUへの自動車輸入関税導入を延期(05/21)

独経済、第2四半期は減速へ=連銀(05/21)

生産者物価、4月は2.5%上昇(05/21)

独政府専用機、不具合で外相の訪問に遅延(05/21)

ダイムラー、中国・吉利と配車サービス合弁(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン