チェコ実業家、欧州の火力発電への投資加速

チェコ人実業家のパベル・ティカツ氏が、欧州の石油火力発電所への投資を目的とした投資会社セブン・エナジー・ホールディングを設立した。欧州のエネルギー業界が再生可能エネルギー発電に軸足を移す中、化石燃料による発電への投資を本格化させる格好。同社の声明を元に、ロイタ…

関連国・地域: 英国ドイツイタリアチェコ
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道金融・保険社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

オーストリア航空、成田―ウィーン線を再開(05/18)

【ウイークリー統計】第7回 原子力発電と輸送部門の再生可能エネ導入(05/17)

チェコGDP、第1四半期は4.5%増加(05/17)

ボーダフォン、CEO退任へ 在任10年間で事業再編に手腕(05/16)

チェコ貿易収支、3月は黒字縮小(05/15)

チェコのANOと社民党、連立合意案を承認(05/15)

チェコのインフレ率、4月は1.9%に加速(05/14)

ポーランド新車登録台数、4月は13.3%増加(05/11)

チェコ失業率、4月は3.2%に低下(05/11)

チェコ小売売上高、3月は3.7%増加(05/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン