ドイツテレコム、3.8%増益 米国の税制改革が追い風に

通信大手ドイツテレコムは22日、2017年12月期のEBITDA(利払い・税引き前・償却前利益、特別損益除く)が222億3,000万ユーロとなり、前期比3.8%増加したと発表した。米携帯電話子会社TモバイルUSが好調だったことに加え、米国の税制改革が追い風になった。

売上高は2.5%増の749億4,700万ユーロ。最大市場の米国は5.9%拡大し、足元のドイツは0.7%のプラスを確保。欧州(ドイツを除く)も1.2%伸びた。一方、法人部門システムズ・ソリューションズは1.1%減っている。純利益は全体で34億6,100万ユーロと29.4%増加した。第4四半期に米国の税制改革による減税分17億ユーロを計上したことが大きい。

12月末時点の携帯電話の契約件数は、米国が7,258万5,000件と1年前から1.6%増加。ドイツは3%増の4,312万5,000件だった。欧州は4,884万2,000件と、1.9%増えている。

ドイツテレコムは今年について、売上高が緩やかに増加すると予想。特別損益を除くEBITDAは4%増を見込んでいる。

同社は先に、ティム・ヘットゲス最高経営責任者(CEO)の任期を5年延長すると発表。また、トーマス・ダネンフェルト最高財務責任者(CFO)が年末に退任し、後任としてクリスティアン・イレク最高人事責任者(CHRO)が就任することが決まっている。[労務]


関連国・地域: ドイツ米国欧州
関連業種: 経済一般・統計IT・通信電機電力・ガス・水道雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

オーストリア航空、成田―ウィーン線を再開(05/18)

海運マースク、赤字拡大 CEOがイラン事業撤退に言及(05/18)

ビエドロンカ、宅配ロッカー大手と提携(05/18)

独政府、5G向け周波数の入札を来年に延期(05/18)

トールコレクト、工期遅れ巡り政府と和解(05/18)

欧州新車登録、4月は9.6%増加(05/18)

家電量販セコノミー、第2四半期は黒字復帰(05/18)

EU、米鉄鋼関税除外なら自動車市場開放も(05/18)

送電ナショナル・グリッド、通期は6%減益(05/18)

建設業の成長率、今年は6%を予想(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン