レオ、プラハ―ベルリン間で列車運行を計画

チェコの鉄道・バス運営会社レオ・エクスプレスは、12月にもプラハ―ベルリン間で列車の運行を開始する計画だ。鉄道系ポータルサイトzugreiseblog.deが伝えた。 列車はドイツ東部のドレスデン経由で両国の首都を結ぶ見通し。運行本数は1日最大6本。レオ・エクスプレスは昨年、独…

関連国・地域: ドイツポーランドチェコスロバキア
関連業種: 金融・保険運輸・倉庫


その他記事

すべての文頭を開く

ガスプロム、罰金回避へ EU競争法違反巡る問題に決着(05/25)

PKNオルレン、ウニペトロル残り株取得へ(05/24)

ユーロ未採用の7カ国、導入条件満たさず(05/24)

鉄道車両シュコダ、トランステック全株取得(05/23)

チェコ、ウクライナ人の雇用手続き簡素化へ(05/23)

オートノイム、ハンガリーに部品工場を開設(05/22)

ヴェオリア、チェコで熱電供給施設を建設へ(05/22)

ホームクレジットの越法人、米社が初格付け(05/21)

VWの世界販売、4月は10.2%増加(05/21)

オーストリア航空、成田―ウィーン線を再開(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン