• 印刷する

保険アリアンツ、第4四半期は22.3%減益

独保険最大手のアリアンツは16日、第4四半期(2017年10~12月)の純利益が14億2,700万ユーロとなり、前年同期比22.3%減少したと発表した。米国の税制改革や地方銀行オルデンブルギッシェ・ランデスバンク(OLB)の売却による特別損失に加え、大規模な自然災害に伴う保険金支払いがかさんだ。

総収入は5.6%増の317億ユーロ。営業利益は27億6,000万ユーロと8%落ち込んだ。うち損保部門が9.6%、生保・健保部門は13.5%それぞれ減少。一方、資産運用部門は8.4%伸びている。

通期の純利益は68億300万ユーロと1年前から2.3%減少。総収入は1,261億ユーロ、営業利益は110億9,700万ユーロで、それぞれ3%、0.4%のプラスを確保した。

損保の収益性を示すコンバインド・レシオ(保険料収入に対する支出と請求額の割合)は期末時点で95.2%と、1年前から0.9ポイント上昇。保険会社の支払い能力を示す自己資本基準のソルベンシー・レシオは229%で、11ポイント改善した。運用資産額は6.4%増の1兆4,480億ユーロだった。

アリアンツは、今年の営業利益目標を106億~116億ユーロに設定している。


関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 医療・医薬品金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

CDU新党首に親メルケル派 クランプカレンバウアー氏を選出(12/10)

ユーロ圏GDP、第3四半期は0.2%に減速(12/10)

鉱工業生産、10月は0.5%減少(12/10)

RBS、ブレグジットで蘭に一部資産移管も(12/10)

EUの航空旅客数、昨年は7.3%増加(12/10)

ドイツ銀、ダンスケ銀の資金洗浄の大半処理(12/10)

VWブランド、2022年までに利益率6%に(12/10)

オペル、2020年に電動2モデルの生産開始へ(12/10)

日立オート、一部パワステ事業を独社に売却(12/10)

ドイツ、5G網構築で華為技術の参加に懸念(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン