エアバス、通期は大幅増益 軍用輸送機巡る特別損失計上も

欧州航空・防衛最大手エアバスは15日、2017年12月通期の純利益が28億7,300万ユーロとなり、前年から3倍弱に増加したと発表した。新型軍用輸送機「A400M」の納入遅延や不正捜査に絡む特別損失を計上したものの、事業売却益や為替差益が全体を押し上げた。

売上高は667億6,700万ユーロと、前年からほぼ横ばい。うち民間機部門は3%増えた。一方、防衛・宇宙部門とヘリコプター部門のエアバス・ヘリコプターズはそれぞれ9%、3%落ち込んでいる。グループのEBIT(利払い・税引き前利益、特別損益除く)は42億5,300万ユーロと8%増加した。

12月末時点の民間機の純受注機数(キャンセル分除く)は1,109機と、前年比52%増加。米競合ボーイングの912機を上回り、5年連続で優位に立った。受注残高は9,968億2,200万ユーロと、6%縮小している。

エアバスは当期、「A400M」の納入遅延などに絡み新たに約13億ユーロの特別損失を計上しており、プロジェクトにおける損失は総額80億ユーロに達している。なお同社は先に、北大西洋条約機構(NATO)に加盟する欧州7カ国と「A400M」のさらなる納入遅延について基本合意を結んだ。また、オーストリアでの戦闘機「ユーロファイター」売却を巡る不正疑惑に絡み和解金1億1,700万ユーロをドイツ当局に支払っている。

エアバスは今年、民間機約800機を納入する見通し。事業買収の影響と特別損益を除くEBITは20%ほど拡大すると予想する。

なお、エアバスはヘリコプター部門トップに、防衛・通信機器や航空エンジンを手掛ける仏サフランのヘリコプター・エンジン部門トップを務めるブリュノ・エバン氏(49)を指名したと発表した。4月1日付で就任する。現ヘリコプター部門トップのギヨム・フォーリ氏が民間機部門の社長に昇格することに伴う決定。[労務]


関連国・地域: ドイツフランスオーストリア米国
関連業種: 製造一般運輸・倉庫雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

ギリシャの農協、ステビア加工工場開設も(05/23)

ルノー・日産・三菱、新興企業に5千万ドル(05/23)

カルフール、ディアから取得の店舗売却も(05/23)

携帯電話ウィコ、タイで新製品2モデル発売(05/23)

PGNiG、イランでのガス開発一時中止も(05/22)

ヴェオリア、チェコで熱電供給施設を建設へ(05/22)

メルセデス、仏工場でEV生産へ(05/22)

仏電力公社、英の風力発電資産を一部売却へ(05/22)

鶏肉加工LDC、同業ドゥーの工場を取得(05/22)

小売りカルフール、上海で新店舗を開設(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン