N・レール、5カ年計画発表 新プロジェクトへの投資を縮小へ

全国の鉄道インフラを管理するネットワーク・レールは13日、2019~2024年の5カ年計画(CP6)を発表した。投資総額は470億ポンドに上り、大部分を既存路線の保守や改修に振り向ける。一方、新プロジェクトへの投資は大幅に縮小する見込みだ。

投資額は前回の5カ年計画(CP5)から25%増加。うち185億ポンドを運営と保守に、同等額を改修に振り向ける。一方、新規プロジェクトへの拠出は101億ポンドと、前回から33%縮小した。ネットワーク・レールはこれについて、各プロジェクトを精査し、実行可能と判断した場合にのみ投資し、プロジェクトによっては税金以外の資金源を探す必要があると慎重な姿勢を示している。

計画ではこのほか、2021年までに1日当たり1,000便を追加し、2024年には遅延本数を15%減らす目標を掲げた。また、エネルギー消費量を18%、二酸化炭素(CO2)排出量を25%それぞれ削減する。さらに、女性従業員を現在から50%増やす予定だ。

CP6は今後、英鉄道・道路規制庁(ORR)による審査と承認を経て、2019年3月末までに最終案が発表される。

ネットワーク・レールは2014年3月、総額380億ポンドをかけて鉄道インフラを近代化するCP5を打ち出したものの、コストや負債の肥大化に加え、計画に大幅な遅延が生じたため、政府は同年9月に同社を再国有化。2015年6月に計画の延期または縮小を決めた経緯がある。政府は昨年11月、同社のインフラ管理権限などを各鉄道路線を運営する民間企業に移譲し、民間資本を取り入れるとともに、保守・改修工事などを迅速化する方針を明らかにしている。[環境ニュース][労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 電力・ガス・水道金融・保険商業・サービス運輸・倉庫社会・事件雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録、7.1%増加 フランス勢が好調=1月(02/16)

ロンドン、自動運転車対応は2030年以降か(02/16)

プライメタルズ、ARBZから部品管理受注(02/16)

ロンドン、規制見直しで米ウーバーをけん制(02/16)

バーバリー、ファーフェッチと提携(02/16)

EU、英離脱後の移行期間巡り一部譲歩へ(02/16)

英中銀、民間賃金の3.1%上昇を予想(02/16)

リバティ、印鉄鋼メーカーの入札に参加へ(02/16)

米アマゾン、仏で今年2千人雇用へ(02/16)

仏産ワインなどの輸出、3年連続で記録更新(02/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン