• 印刷する

小売りメトロ、第1四半期は87.8%増益

独小売り大手メトロは13日、第1四半期(2017年10~12月)の純利益(特別損益除く)が2億3,200万ユーロとなり、前年同期比87.8%増加したと発表した。ロシアを除く中東欧市場の売り上げが好調だった。

売上高は0.2%増の101億1,100万ユーロ。継続事業・現地通貨レートベースでは0.8%の増収だった。うち会員制卸売りスーパー「メトロ・ホールセール(旧メトロ・ キャッシュ&キャリー)」は80億6,100万ユーロと実質1%増加。半面、大型スーパー「レアル」は横ばいの20億4,900万ユーロだった。「メトロ・ホールセール」は宅配事業が28%の増収で、総売上高に占める割合が16%に達している。

本業のもうけを示すEBIT(利払い・税引き前利益)は4億3,100万ユーロと1年前に比べて1.2%増加した。

メトロは通期について、売上高の伸び率が少なくとも前年並みの1.1%となり、不動産取引による利益を除いたEBITDA(利払い・税引き・償却前利益)は10%前後増加すると見込む。


関連国・地域: ドイツロシア
関連業種: 食品・飲料建設・不動産運輸小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

CDU新党首に親メルケル派 クランプカレンバウアー氏を選出(12/10)

ユーロ圏GDP、第3四半期は0.2%に減速(12/10)

鉱工業生産、10月は0.5%減少(12/10)

RBS、ブレグジットで蘭に一部資産移管も(12/10)

EUの航空旅客数、昨年は7.3%増加(12/10)

ドイツ銀、ダンスケ銀の資金洗浄の大半処理(12/10)

VWブランド、2022年までに利益率6%に(12/10)

オペル、2020年に電動2モデルの生産開始へ(12/10)

日立オート、一部パワステ事業を独社に売却(12/10)

ドイツ、5G網構築で華為技術の参加に懸念(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン