• 印刷する

ビールのハイネケン、通期は25.6%増益

オランダのビール大手ハイネケンは12日、2017年12月通期の純利益が19億3,500万ユーロとなり、前年比25.6%増加したと発表した。全地域で増収を記録したほか、前年に比べ特別損失が縮小した。

売上高は219億800万ユーロと、継続事業ベースで5%増加。うちアフリカ・中東・東欧は実質13.5%増えた。アジア・太平洋と米大陸はそれぞれ6.2%、6%伸びたほか、東欧を除く欧州も1.4%拡大した。営業利益は37億5,900万ユーロと6.2%増加し、営業利益率は1年前から0.2ポイント上昇し17.2%だった。

グループ全体のビールの販売量は2,180万キロリットルと、実質3%増加した。うち主力の「ハイネケン」4.5%伸びている。

ハイネケンは今年について、継続事業ベースでの増収増益を達成できると予想。営業利益率は0.25ポイント前後上昇するとみる。


関連国・地域: オランダアジアアフリカ中東欧州
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

KLM、エールフランスと統治体制で合意か(02/19)

商船三井、蘭デンハートフの株式20%取得(02/19)

ニコン、露光装置の特許訴訟巡り最終契約(02/19)

金融RBS、2倍超に増益 デジタル化推進でコスト削減(02/18)

投資JAB、コーヒー事業などのIPO検討(02/18)

石油シェル、家庭用蓄電池ゾンネンを買収(02/18)

ユーロ圏貿易収支、12月は黒字縮小(02/18)

商船三井、海洋環境保護プログラムに参加(02/15)

ユーロ圏成長率、0.2%を維持 ドイツは景気後退入りを免れ(02/15)

シェル、エジプトで油ガス権益を取得(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン