• 印刷する

鉄鋼ミタル、2.5倍超に増益 需要拡大など追い風=第4四半期

鉄鋼で世界最大手のアルセロールミタル(ルクセンブルク)は1月31日、第4四半期(2017年10~12月)の純利益が10億3,900万ドルとなり、前年同期の4億300万ドルから2.5倍超に拡大したと発表した。需要拡大や鉄鋼価格の上昇が追い風となったほか、事業改善プログラムが順調で押し上げた。

売上高は25.4%増の177億1,000万ドル。出荷量は鉄鋼が5%増の2,100万トン。鉄鉱石は840万トンと、3.7%増えた。平均販売価格を見ると、鉄鋼は第3四半期から2.7%上昇した半面、鉄鉱石は8.1%落ち込んだ。グループのEBITDA(利払い・税引き・償却前利益)は21億4,100万ドルと28.9%拡大している。

2017年通期の純利益は45億6,800万ドルと、前年の17億7,900万ドルからこちらも2.5倍超に拡大した。売上高は20.9%増の686億7,900万ドル。EBITDAは34.4%増えて84億800万ドルだった。

同社は2020年までに、コスト削減や増産、高付加価値製品への注力などを通してEBITDAを2015年比で30億ドルほど引き上げる事業改善プログラムを進めている。2017年は、高い投資利益率が見込まれる伊同業イルバ(ILVA)の製鉄所や中南米事業への投資を進める一方で、増産などによりEBITDAを6億ドル改善。累積では15億ドルのプラス効果を上げており、目標を半ばまで達成した。

アルセロールミタルは今年について、世界の鉄鋼需要が1.5~2.5%拡大すると予想。今年の設備投資額は38億ドルと、昨年から10億ドルほど引き上げる方針を示している。


関連国・地域: イタリアルクセンブルク中南米
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

州立銀へラバ、デクシアの独事業を買収(12/17)

EUの航空旅客数、昨年は7.3%増加(12/10)

中国、ポルトガルと「一帯一路」で覚書締結(12/07)

ルクセンブルク、ベッテル政権が2期目突入(12/07)

ルクセンブルク、全公共交通機関を無料化へ(12/07)

【ウイークリー統計】第26回 電池の回収率と再生エネの割合(12/06)

EU財務相理事会、金融規制の改革案で合意(12/05)

アルセロールミタル、印で製鉄所を新設へ(11/30)

オランダ、外国企業への優遇税制で規制強化(11/29)

鉄鋼ティッセンクルップ、通期は78%減益(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン