• 印刷する

EV向け全固体電池を開発へ オックスフォード大、計画を主導

政府が電気自動車(EV)向けバッテリー技術の開発を促すために設立したファラデー・インスティテューションは23日、第1弾となる4件のプロジェクトを発表した。総額4,200万ポンドを投じ、国内大学と提携して進める。このうちオックスフォード大学主導のプロジェクトでは、電気自動車(EV)向けの全固体電池の開発に取り組む。

全固体電池は電解質に固体を用いるもので、小型で効率性が高いほか、充電速度が速く、再利用も容易なのが特長。主流のリチウムイオン電池(LIB)に代わると期待されている。オックスフォード大はインペリアル・カレッジ・ロンドンなど国内6大学と協力して全固体電池の開発を目指す。プロジェクト期間は3月1日から2021年2月21日を予定している。ファラデー・インスティテューションは「この研究が成功すれば、英国はバッテリー技術の世界最先端に立てる」としている。

今回発表された他の3件のプロジェクトは、それぞれバッテリー寿命(ケンブリッジ大学主導)、バッテリー・システム・モデリング(インペリアル・カレッジ・ロンドン主導)、バッテリーのリサイクル(バーミンガム大学主導)をテーマとする。

ファラデー・インスティテューションは、政府がバッテリー技術の開発支援に向け総額2億4,600万ポンドを投じて進める「ファラデー・チャレンジ」の一環として設立。オックスフォード大を含む国内11大学によって構成され、研究資金の拠出やプロジェクトの運営を手掛ける。

なお、全固体電池を巡っては企業の開発意欲も高く、昨年9月には英家電大手ダイソンが20億ポンドを投じてEVおよび全固体電池を開発する計画を発表。トヨタ自動車も全固体電池を開発中で、2020年までの搭載を目指しているほか、ドイツのタイヤ・自動車部品大手コンチネンタルは11月、全固体電池の開発に約30億ユーロを投資する方針を明らかにした。今年1月にはルノー・日産自動車・三菱自動車連合が、新設のベンチャーキャピタル(VC)・ファンドを通じて全固体電池の素材を開発する米アイオニック(Ionic)・マテリアルズに投資すると発表している。[日本企業の動向][環境ニュース]


関連国・地域: 英国ドイツフランスアジア米国
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

サンタンデールUK、一部資産を本体に移管(09/21)

VW、イランから撤退か=米政府の説得で(09/21)

スカイ買収、当局が入札方式での売却を指示(09/21)

英国の離脱案「機能しない」 10月の進展が焦点=EU首脳会議(09/21)

中国・紫金鉱業、セルビア同業に出資へ(09/21)

アストンマーティン、IPOの仮条件設定(09/21)

小売売上高、8月は0.3%増加(09/21)

パナソニック、英インマルサットと提携(09/21)

フレンチコネクション、上半期は赤字縮小(09/21)

たばこのBAT、デュランテCEOが退任へ(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン