• 印刷する

カリリオン、債権団と再協議 破綻回避へ=HS2計画に影響も

経営不振に陥っている英建設大手カリリオンは14日、緊急融資を求め債権団と再び協議した。政府の主要な発注先である同社は15億ポンドの負債を抱えており、債権者らは政府の介入がない限り新たな融資は行わない意向を示唆。破綻回避のための交渉は15日も継続されるもようだ。BBC電子版などが伝えた。

それによると、カリリオンは英金融大手ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)のほか、バークレイズ、HSBCホールディングス、ロイズ・バンキング・グループ、スペイン金融最大手のバンコ・サンタンデールから9億ポンドの融資を受けている。これらの債権団が求める政府の介入の詳細は明らかにされていない。労働組合会議(TUC)は「全国の必要不可欠な公的サービスや大型インフラプロジェクトとともに、数万人の職が危機にさらされている」として、やはり政府の介入を要求。保守党のルイス幹事長はこの日出演したテレビ番組で、状況を引き続き注視していくとした上で、全ての計画と不測の事態に備えた対策が確実に実施されるようにするとコメントした。ただ、政府としてカリリオンを救済するかについては明言を避けている。

これに先立つ12日、同社は政府と債務問題を協議し、公的機関の年金保護基金(PPF)なども参加した。同社の年金は5億8,700万ポンドの赤字に陥っており、運輸関係労働組合(RMT)は政府に雇用や年金の保証を求めていた。

またカリリオンは高速鉄道「ハイスピード2(HS2)」の一部区間を受注しており、2019年の着工と2026年の完工を見込んでいる。このほか、全国の約900カ所の学校の施設運営や国民医療制度(NHS)向けサービスなども請け負っており、破綻すれば各方面に多大な影響が及ぶ。

このため先には、リディントン国務相やクラーク民間企業・エネルギー・産業戦略相をはじめ、運輸、司法、文化、保健、教育、地域の各省の代表者らが急きょ会合を開き、同社が破綻した場合の対応策を協議していた。

カリリオンは建設プロジェクトの完成の遅れなどにより業績が悪化。同社の株価は過去1年で90%以上落ち込んでいる。昨年には何度も業績見通しを下方修正し、債権団に支援を求めた。ただ、債権団は同社の事業再生案が不十分だとして拒否している。7月にはリチャード・ホーソン前最高経営責任者(CEO)が辞任しており、次期CEOに指名された同業ウェイツ(Wates)・グループのアンドリュー・デービスCEOは4月に着任する予定。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品金融建設・不動産運輸電力・ガス・水道サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

トルコ製油社、ルーマニア太陽光発電を取得(06/25)

印鉄鋼タタ、7月にスト 人員削減の中止求め=40年ぶり(06/25)

ネット通販THG、高級品部門を売却(06/25)

中国・衣料品シーイン、英でIPO申請か(06/25)

ロンドン・トンネルズ、アムスでIPOへ(06/25)

冷蔵コンステレーション、EQTが買収(06/25)

HSBC、ベトナムバイオ企業に社会的融資(06/25)

4党党首が討論番組出演 スナク氏に厳しい質問=選挙控え(06/24)

ブリトビック、カールスバーグの買収案拒否(06/24)

財政収支、5月は赤字拡大(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン