• 印刷する

ヒースロー空港が記録更新 昨年の利用者数は3.1%増

ロンドン・ヒースロー空港を運営するヒースロー(旧BAA)は11日、2017年の利用者数が7,798万9,000人となり、前年比3.1%増加したと発表した。発着機の大型化を背景に、過去最高を記録している。

地域別では、英国内が3.3%増加。欧州と北米はそれぞれ2.4%、1.1%拡大し、アジア・太平洋は4.5%増えている。中東は9.5%、南米は5.5%伸びた。アフリカは0.2%増を確保している。12月単月では、全体で1年前から2.8%増えて633万6,000人。

通年の貨物取扱量は169万8,445トンと10.2%増加した。特に欧州、米国、東アジア向けが好調だった。

騒音の影響については、過去11年で最小に達した。比較的騒音の小さい機体の使用を航空会社に促したことで、影響を受ける世帯数が15%減少したという。また、夜間の運航便数も32%減っている。

英運輸省は2016年10月、ロンドンの空港拡張計画を巡り、ヒースロー空港に第3滑走路を敷設する案を推すとの最終決定を下した。25年にわたる検討期間には、ガトウィック空港への新滑走路の敷設案も候補に挙がっていたが、通商を最も促進するとしてヒースロー空港に軍配が上がった。政府はこれに向けて意見公募手続きを再開している。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国アジア米国アフリカ中東中南米欧州
関連業種: その他製造運輸観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

コカ・コーラHBC、製菓バンビを買収(02/19)

労働党、議員7人が離党 党首のブレグジット方針など批判(02/19)

ルノー・日産・三菱、EV充電技術社に出資(02/19)

SB、UAE社の欧州投資ファンドに出資へ(02/19)

商船三井、蘭デンハートフの株式20%取得(02/19)

五つ星運動など5党、欧州議会選で新会派(02/19)

情報当局「中国・華為のリスクは管理可能」(02/19)

独当局、ワイヤーカード株の空売り禁止(02/19)

航空フライbmiが破綻、全便キャンセル(02/19)

バークレイズ、米タイガーが全株売却か(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン